衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

このところの人形×読書『人形(書物の王国)』『人形は語らない』『月刊アートコレクターズ4月号』

このところの人形×読書の成果です。 人形 (書物の王国) 作者:季弘, 種村,ホフマン,エルンスト・テーオドア・アマデーウス,アンデルセン,ハンス・クリスチャン,ド・レニエ,アンリ,スティーヴンソン,ロバート・ルイス 発売日: 1997/12/01 メディア: 単行本 読…

人形と生きたあの頃『人形大使』『禁断の百年王国』

人形関係の本を読みました。 人形大使―もうひとつの日米現代史 作者:高岡 美知子 発売日: 2004/03/25 メディア: 単行本 読了。 渋沢栄一も関わった日米人形交流うち日本からアメリカへ送られた答礼人形について。メインは著者が現存する答礼人形すべてを観て…

読書と私と最近のこと

本は読んでいましたが、これだ!と思うような本に出会えなかったり、それどころか、こんなひどい本がベストセラー…世の中には毒にはならないけどもしかしたら薬にはなるかもしれない本が好きな人が多いんだな…とげんなりしていました。 かといって私が好きな…

地域社会と繋がる『セルフ・ネグレクトの人への支援』

本を読んでいると、すぐではないが疑問が解決することがある。 セルフ・ネグレクトの人への支援 作者: 出版社/メーカー: 中央法規出版 発売日: 2015/07/25 メディア: 単行本 読了。 教科書的な話や汎用性がありそうなQ&A、そして、事例集。セルフ・ネグレク…

最強の18人+α『マゾヒストたち』

世の中にはすごい人たちがいるもんです。 マゾヒストたち: 究極の変態18人の肖像 (新潮文庫) 作者:松沢 呉一 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2019/10/27 メディア: 文庫 読了。 M男さんたちへのインタビュー集。SM雑誌での連載だったそうですが、新潮文庫…

生きて帰れども『特攻隊振武寮』

過去の本と親子や兄弟に当たる本を読みました。 特攻隊振武寮 帰還兵は地獄を見た (朝日文庫) 作者:大貫健一郎,渡辺 考 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2018/08/07 メディア: 文庫 読了。 生きて帰ってきた特攻兵を待ち受けていたのは上官の心ない言…

蝶の夢も見たかもしれない『森の死神』

これは掘り出し物。 森の死神 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 213-2)) 作者:ブリジット・オベール 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 1997/06 メディア: 文庫 読了。 全身麻痺で口が聞けず目が見えない主人公と彼女が住む町で起こる子供を狙った連続殺人事件…

攻撃性は高いが品性は低い『あむんぜん』

本に応援されたくもないし、感動もしたくないけど、思いがけなくしんみりしちゃうのは悪くない。 あむんぜん 作者:平山 夢明 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2019/07/05 メディア: 単行本 読了。 短編集。表題作「あむんぜん」は脳味噌をつつくと超能力が…

カニバリズムから始める人類学『人喰い』

タイトルで惹かれて読んで収穫がそれ以上にあると嬉しいですね。 人喰い (亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズIII-8) 作者:カール・ホフマン 出版社/メーカー: 亜紀書房 発売日: 2019/03/21 メディア: 単行本 読了。 インドネシアで原住民に食べられた(!…

見えるプロパガンダ『独裁者のデザイン』

このところ楽しい読書続き。 独裁者のデザイン: ヒトラー、ムッソリーニ、スターリン、毛沢東の手法 作者:松田 行正 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 2019/09/06 メディア: 単行本 読了。 プロパガンダのデザイン、主にポスターなどについての解説。 人物の…

そして死に至る『死を招くファッション』

読みたかった本が我が家にやってきたので読みました(パートナーが買っていた!) 死を招くファッション 服飾とテクノロジーの危険な関係 作者:Alison Matthews David 出版社/メーカー: 化学同人 発売日: 2019/11/29 メディア: 単行本(ソフトカバー) 読了…

諸君、私は肉が好きだ『パスタぎらい』

今年の食べもの本枠を狙えそうな本がやってきました。 パスタぎらい (新潮新書) 作者:ヤマザキマリ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2019/04/17 メディア: 新書 読了。 イタリア在住歴が長い著者による食のエッセイ。イタリア料理、別にお洒落じゃねぇです…

閉塞と抵抗『夜啼きの森』

津山事件が元ネタだから。 夜啼きの森 作者:岩井 志麻子 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2001/07/03 メディア: 単行本 読了。 岡山の貧しい農村に生まれ這い寄る不穏。元ネタは津山事件で事件を起こす青年の名前も糸井辰男と寄せてきている感じ。 なので…

愛し方それぞれ『「ない仕事」の作り方』『アンティーク着物スタイルブック』

「ない仕事」の作り方 (文春文庫) 作者:みうら じゅん 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/10/06 メディア: 文庫 読了。 みうらじゅんの仕事術。一人電通で様々な物事を好きになり名前をつけジャンルにするという手法を公開! ブームの正体は誤解、勝手…

氷三部作『氷』『ブロの道』『23000』

ソローキンの氷3部作『ブロの道』『氷』『23000』を読み終えました。

悲しみの記憶に触れる旅『ダークツーリズム入門』『ダークツーリズム』

ダークツーリズムというものを知ったので。 ダークツーリズム入門 日本と世界の「負の遺産」を巡礼する旅 作者: 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2017/09/16 メディア: 単行本(ソフトカバー) 読了。 戦争、虐殺、貧困、差別、核など負の側面を…

人形作家の人の事『人形作家』

時間を置いて再読すると発見があるね。 人形作家 (中公文庫) 作者:四谷 シモン 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2017/07/21 メディア: 文庫 読了。 人形作家・四谷シモンの自伝。だいぶ昔に講談社新書で読んだことがあったけど、こちらは文庫版。書き…

結果として丁寧な暮らし『幕末下級武士の絵日記』

戦前よりももう少し遠い時代の事。 新訂 幕末下級武士の絵日記 作者:大岡 敏昭 出版社/メーカー: 水曜社 発売日: 2019/04/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) 読了。 29歳で隠居させられてしまった下級武士・尾崎石城による絵日記。 舞台は埼玉県行田市、…

繕い裁ち、教える人生『台湾少女、洋裁に出会う』

洋服と働く女子の話しなんだから、期待大。 台湾少女、洋裁に出会う――母とミシンの60年 作者:鄭 鴻生 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店 発売日: 2016/10/11 メディア: 単行本 読了。 日本統治下の台湾で日本の婦人雑誌『主婦之友』『婦人倶楽部』に付いていた…

家族が語り始めたあの人は『父 中原淳一』『夫 中原淳一』

作品と作者は別に考えろといえども。 父 中原淳一 作者:中原 洲一 出版社/メーカー: 中央公論社 発売日: 1987/04 メディア: 単行本 読了。 息子が語る中原淳一のこと。性的なものを嫌悪し、女性の心を持ち、女性を憎み(例外あり)、描いた少女たちは本人の…

ずっとおうちで暮らしている『親の「死体」と生きる若者たち』

人間に向いていないのは部屋でじっとしている事だけとパンセは云ったものの…。 親の「死体」と生きる若者たち 作者:山田孝明 出版社/メーカー: ⻘林堂 発売日: 2019/03/20 メディア: 単行本(ソフトカバー) 読了。 引きこもり支援をする著者が書いた40,50代…

生活、おうちのごはん『昭和の洋食 平成のカフェ飯』

年の初めからいい感じにご飯枠の本が。 昭和の洋食 平成のカフェ飯: 家庭料理の80年 (ちくま文庫) 作者:阿古 真理 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2017/02/08 メディア: 文庫 読了。 家庭料理と女性史。雑誌やレシピの他、ドラマや小説のフィクションの…

正しさではなく幸せになれるか否か『あなたの恋が出てくる映画』

優しくて満足感がある本が読みたくて。 あなたの恋がでてくる映画 作者:二村 ヒトシ 出版社/メーカー: スモール出版 発売日: 2019/10/29 メディア: 単行本(ソフトカバー) 読了。 映画評であり、恋愛を含む人間関係について。著者は男子に向けた文章では「…

私と身体と世界の違和『私はすでに死んでいる』

今年も好きな本に出会えたらブログを更新します。 更新できていないときは読んだ本が面白くなかったか、忙しくて更新できていないか、本を読んでいないかのどれかです。 私はすでに死んでいる――ゆがんだ〈自己〉を生みだす脳 作者:アニル・アナンサスワーミ…

どうなるかな?2020年

今年もよろしくお願いいたします。 引き続き、「病まない、死ななない、無理しない」をベースに生き延びていきます。 読書の事 人形の事 着物のこと

2019下半期ベスト10冊&2019ベスト10冊

下半期ベストです。 下半期112冊中、面白かった本はこちらです。 臨床の詩学 作者:春日 武彦 出版社/メーカー: 医学書院 発売日: 2011/02/01 メディア: 単行本 読んだ後にずっとじわじわきて「嗚呼、好きだなぁ…」となった本。 マイベストオブ春日武彦でもあ…

不道徳、ゆえに真面『不道徳お母さん講座』

久しぶりに本を読んで爆笑した。 不道徳お母さん講座: 私たちはなぜ母性と自己犠牲に感動するのか 作者:堀越英美 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2018/07/24 メディア: 単行本 読了。 「どうして、読書だけが推奨されるんですか?」から始まる道徳や…

101年の人生『ひみつの王国』

1週間本を読むうちに1冊でも当たればいいと思っているけど、これは大当たり。 ひみつの王国: 評伝 石井桃子 (新潮文庫) 作者:尾崎 真理子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2018/03/28 メディア: 文庫 読了。 翻訳者で児童文学者の石井桃子のこと。明治大正…

着物が着たい『きもの番長』シリーズ、『召しませキモノ』

昔の服が似合わない、しっくりこない、体型が大幅に変わったわけでもないのに、もうロリィタ服は着られない…と嘆く日々なので、着物趣味を復活させようと目論んでいます。 きもの番長 おしゃれのA to Z (単行本) 作者:松田恵美 出版社/メーカー: 祥伝社 発売…

和洋それぞれ『裸形と着装の人形史』『人形の文化史』

人形と暮らしている私が書いているブログなので、人形を扱った本の話もします。 裸形と着装の人形史 作者:岡本 万貴子 出版社/メーカー: 淡交社 発売日: 2012/03/09 メディア: 単行本 読了。球体関節人形がちゃんと体を作って服も着せてあるのは何故?という…