衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

このところの人形×読書『人形(書物の王国)』『人形は語らない』『月刊アートコレクターズ4月号』

このところの人形×読書の成果です。

読了。

アンソロジー書物の王国シリーズの人形の巻。

ホラー寄りの扱いを受けているセレクトが多いので、そんなに掘り出し物!という気持ちにならず、結果として、自分にとって人形が如何にパーソナルなものかを思い知るなどした。

一番よかったのは種村季弘「人形幻想」。

「あどけないのに無気味、可愛らしいのに怖い」とまとめ、「無気味な背後の予感があればこそ、底なしの深層からの反射が愛らしさを引き立てる」…とある。他にも「倒錯美」「肌の下に湛えられている滅びの予感」って耽美すぎて照れちゃう!

種村季弘は彫刻に関しては「古典的な美の規範に支配され~」とあるので、人形とかなり区別している。似て非なるのである。ただ、この巻は像の話もあるので「にんぎょう」というより「ヒトガタ」の趣なんでしょう。

 

好き嫌いではなく印象に残ったのはアンリ・ド・レニエマルスリーヌ」。

印象に残った理由は語り手である主人公がクソ面倒臭そうだから。

収集癖があるオタクの夫と夫のコレクションを捨てそうな女の夫婦の話で、夫の一人称で書かれているので、わかりにくいけど…すごくモラハラクソ野郎臭がするんですよね。

まず主人公が「ぼくちんは空想好き!高尚な趣味を持っているのに妻ちゃんわかってくれない!だから妻ちゃん、頭を良くしてあげよう」みたいな所があるのだけどコミュ力というかプレゼン能力無さそうなんですよ。オタクだから仕方がないとかではなく、奥さんが美人だから選んだみたいな感じでコレクションの1つぐらいにしか思っていなかったんでしょう。

きっと「そんな事も知らないの?」などモラハラ発言するんだわ…だから、奥さんがあんな凶行に走るのではなかろうか?(注意:これらはすべて個人の偏見です)

奥さん、ベネチアを「水の真ん中まで来て建てられたこの不都合な都」呼ばわりしていて、これ、逆に別の才能があるのでは…。

そして、夫、コレクションも置きっぱなしくさいし、それで新しくてかさばるもんを買ってきたら奥さんキレますよ…。

読み方としては主人公の肩を持つのが正しい、オタク最高、オタクにとっての救い!みたいな捉え方をしたほうがいいのでしょうけど、同じ趣味でモラハラしてくる人物と趣味が違う人間的に好ましい人物だったら断然後者を選ぶ。

 

 

読了。

人形の本かと思ったら、人が作る、関わるものは皆人形みたいな考え方のマスメディア論。

著者は精神科医なのだけど、ザ・フォーク・クルセイダーズのメンバーでもあった人。本の構成が歌っていた人みたいな感じで進むのだけど、「帰って来たヨッパライ」でわかった。あの「おらはしんじまっただ~」のアレ。

本文に出てきた「これだけ情報があるんだから、みんな吟味するしかない。現在のところ、万人受けして、みんなに愛されるものしか情報は提供されないという傾向があるわけですから」って良い言葉だと思うし、自分が好きな物を見つけるのにはかなり数をこなさないといけないこともあるよなぁ…となるなど。

ただ、この本、肝心の私が好きな方の人形の話はほぼ無かったです…。

。 

 

ARTcollectors'(アートコレクターズ) 2020年 4月号

ARTcollectors'(アートコレクターズ) 2020年 4月号

  • 発売日: 2020/03/25
  • メディア: 雑誌
 

今回、創作人形特集なんですよ。

創作人形の特集って最近はほぼ見ないので嬉しくなっちゃう。作家のセレクトで私は「ん?」と思う人ももちろんいるけど、たくさん見ることで何が好みかわかったり、グッとくるものなので、たくさん観て自分にとっての一番が見つかるといいですよね。

コレクター向けの雑誌なので各作家作品に目安の値段もあるので、売っている買えるものなのが分かりやすい。

あと人形のコレクターさん紹介もあるけど、アートコレクターズだからやっぱり数があるのが当たり前のように感じる人もいるかもしれませんが、人形好きでも私みたいな少なく所有して大きく愛でる人もいますよ(たくさん持っている人が小さく愛でているとは言っていない)。

人形と生きたあの頃『人形大使』『禁断の百年王国』

人形関係の本を読みました。

人形大使―もうひとつの日米現代史

人形大使―もうひとつの日米現代史

 

読了。

渋沢栄一も関わった日米人形交流うち日本からアメリカへ送られた答礼人形について。メインは著者が現存する答礼人形すべてを観てのレポート。

やっぱり人間自分でしっかり動いてこそだよね…と作者の行動力に感動した。

日本へ里帰りして展示された人形への感想が「とてもかわいい」「穏やかな顔」「うれしそう」と好評だったり、人形が出国前行ったイベントに参加した人が思い出を語ってくれるなどポジティブな話題が嬉しい。

人形は怪談で消費されまくった存在だけど、顔立ちは皆可愛らしいのよ。

著者が答礼人形への思い入れが端々に感じられる。人形に語らせる文章が登場して、ふふっとなる所もある。人形は持ち主をお母さんっていうのか…私も一時期、うちの人形にお母ちゃんって呼ばせていましたけど、そういうもんかー(友情人形で「ママー!」って云うのがいるからだと思うけど)。

 

答礼人形のうちミス愛媛がハリケーンで喪失、現存していたのはぽっくり一足だけで、別の答礼人形研究者が「日本で自殺する人は履物をぬぐ」と伝えたところ、人形を所有していた方から「それはアメリカもです」と返されて沈黙してしまった話がダークツーリズムしていて、しんみりした。

 

禁断の百年王国―少女人形論

禁断の百年王国―少女人形論

  • 作者:増淵 宗一
  • 発売日: 1995/07/01
  • メディア: 単行本
 

読了。

明治期の良妻賢母教育のために少女には人形…から始まった少女と人形について。

著者はリカちゃん人形の研究者なので、もちろんリカちゃんの話題も多い。

この本は25年前の本で最後に「かわいい価値は拡大するのか、新たな価値観が生まれるのか…」とありましたが…前者かな。

本文に出て来たジェニーの服の雑誌は母がバザー用にジェニーの服を作るから…という理由で我が家にありました。私のジェニーはなかったのに。

人形以外の話題としては、かわいいの拡大として言葉で不気味+キュートで「ぶキュート」という言葉が出て来たけど…そんな言葉、あったの?

話題が脱線しましたが、人形と少女では、源氏物語で10歳の紫の上が人形遊びをしていて窘められる話があり、小道具も豊富に持っていた話があった(これは知らなかった)。他国でもドールハウス(1/12サイズ)の話もあり、お姫様はミニチュアや人形が好きとまとめられていて、ふふっとなった。雛祭りは江戸時代から商業ベースで進められていて、幕府が「雛道具が華美になりすぎないように」とお触れを出したそうなので、熱心な人がいたイベントの様子。 明治期に教科書で雛祭りを持ち上げたり、百貨店がこぞって雛人形を売り出した話もあったので、人形含むミニチュア的なものは商機なのだな…という気持ち。

読書と私と最近のこと

本は読んでいましたが、これだ!と思うような本に出会えなかったり、それどころか、こんなひどい本がベストセラー…世の中には毒にはならないけどもしかしたら薬にはなるかもしれない本が好きな人が多いんだな…とげんなりしていました。

かといって私が好きなものが流行ることはないので、流行ったら心配になる。

 

本に関することでは、私が大好きな春日武彦のインタビューでこんな言葉が出てきた。

よくベストセラー本を読んで「癒やされた」「泣けた」などといった月並みの感想を言う人がいますが「共感するのはおかしいだろう」と、いつも思います。売れている本というのは、万人向けをするように、なるべく共通項が多い部分をおそらく語っているのだろうと思います。ですから、そういった本ばかり読んでいる人には、「あなたらしさに沿った文章や語り口の物など、もっとプライベートな本があるはずだよ」と教えたくなります。

そうなんだよ…私は本に限らず自分にしっくりくるものを探して買う事を喜びにしているので、好きな作家がこういうことを云ってくれるのは嬉しい。

 

自分がしっくりくるもの…本に限って云えばハマったら評価が爆上がりするものでは「変態・残酷描写の丁寧さ」「人形への取り扱い」がある。

変態も人形も雑に扱われると「どうです、変態でしょう!」「人形、怖いし、変態ですよね!」と雑な仕事をしている癖に作者がドヤ顔しているのが思い浮かぶので「うるせー!」と思いながら「もっとがんばりましょう」のハンコをベタベタ押したくなる(実際にはやりません)。

最近、柳下毅一郎氏が先に挙げたような見下した雑な仕事を「こんなもんでよかんべ」と云い「『こんなもんでよかんべイズム』を許していれば、いずれは自分の愛するものが「こんなもんでよかんべ」と言われるだろうということだ」と書いていたので*1、今後もこんなもんでよかんべイズムは積極的に嫌っていこうと思う。

 

ただ、いつまでも変態!血まみれ!死体!内臓!くさい!とかやっていても疲れるし、人形と云うニッチなジャンルを漁り続けるにも食傷している(特に現実の人形に関しては、うちの人形の作者の人形だけが好きというレベルに移行してしまったので、私の中では余力になってきた)。

じゃぁ、どうしたらいいんだ?と思うと、私は少しニッチな話題だったり、人への敬意が感じられるものが好きだという事になる。

去年の面白かった本に挙げた『テトリス・エフェクト』は冷戦時代のゲームのライセンスを巡る話になっているが、プログラマー同士の友情の話でもあるし、敬意を金で示したことで話が進む。これがドラマチックでよかったし、翻訳家の石井桃子についての『ひみつの王国』も石井桃子さんカッケー!な仕様で大変面白かった。

新たな概念ではダークツーリズムも気になっているし、読みたい本は幸いにしてまだそこそこ残っている。

経済回しにたまに外には出るけれども、3月も本をたくさん読んで、後は体力温存と免疫のためにも寝ていたいです。生活のためにも働きますけど。

 

www.bookscan.co.jp

地域社会と繋がる『セルフ・ネグレクトの人への支援』

本を読んでいると、すぐではないが疑問が解決することがある。

セルフ・ネグレクトの人への支援

セルフ・ネグレクトの人への支援

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 中央法規出版
  • 発売日: 2015/07/25
  • メディア: 単行本
 

読了。

教科書的な話や汎用性がありそうなQ&A、そして、事例集。セルフ・ネグレクトもやはり社会との繋がりが無くなってしまうことや拒否すること、また元々縁が薄い事で起きるよなぁ…という気持ち。医者にはかかろう、人には相談しよう。

 

この本を読んでいて、収穫だなぁ…と思ったのは「電波が入ってくるから」という理由で部屋中アルミホイルの人への接し方が載っていること。しかも汎用性が高そうなQ&Aのページにあるので、よくある案件なのかしら。

ちなみに部屋中アルミホイルの人との接し方は、友人が疑問に思っていたことだったので、即友人に伝えました。

事例集が春日武彦平山夢明の本に出てきそうな話が多く、鳩が出入りする不衛生な家に住む高齢者夫婦(夫は躁鬱、妻は謎の宗教狂い)が家が火事になった結果解決したとか、本文には出てこないけど図をみると遺体を放置してしまった高齢者、ずっと焼酎のコーヒー牛乳割を飲んでいる高齢女性、こだわりが強すぎて病院に行けず症状を悪化させる中年女性など「もっと人を頼っていいし、意固地にならなくてもいいし、何が不安かはちゃんと言ったほうがいい」という気持ちになる。

 

また、こうしたセルフ・ネグレクトの方への接し方は嫌がらず根気強く、敬意を持って接するに他ならないな…となるし、やはり専門家に任せないといけない案件でもあり、手遅れになる前にもっと人を頼っていいし、意固地にならなくてもいいし、何が不安かはちゃんと言ったほうがいいし、そして、小さくでもいいから社会とつながったほうがいい。

最強の18人+α『マゾヒストたち』

世の中にはすごい人たちがいるもんです。

マゾヒストたち: 究極の変態18人の肖像 (新潮文庫)

マゾヒストたち: 究極の変態18人の肖像 (新潮文庫)

  • 作者:松沢 呉一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/10/27
  • メディア: 文庫
 

読了。

M男さんたちへのインタビュー集。SM雑誌での連載だったそうですが、新潮文庫から出ている本なのですが、こういう所から出してくれるの、いいですねー。

M男歴が長すぎて乳首も長くなったM男さん、馬になるM男さん、監禁されるために失踪、金玉蹴りされる方のマニア、尿が好き、食糞…など、ハードなフェチシズムをお持ちの方が多く、他にもそれは聞いたことが無い、今知りました…な話も多し。ちょっと踏まれたい、痛いのが好きぐらいだとMとしてレベルが低いんじゃないかと思うくらいレベルが高い、日本でも最強(?)のM男さんが揃っています。今後読む小説の変態描写の甘さにさらに激怒できるようになりますね…*1

 

目次を見て「会ったことがあるM男さんが一人いるなー」と思って読み進めたら、もう一人知っている人がいました。どちらもお元気かしら?ちなみにお会いしたことがあるM男さんですが、一人がフェティッシュバーで出会った乳首が発達したM男さん、もう一人は行きつけのご飯屋さんで出会いました。たまに誤解されるけど、私はSMの人ではないです。

ご飯屋さんで会ったM男さんは、盲目のM男さんで、私が作ったザッハトルテを食べて「可愛い女子とフルーツは鉄板ですよ!」と大喜びしてくれたそうです(その場には私はいなかったので、また聞き)。

ご飯屋さんでたまーにお目にかかる程度なので盲目のM男さんがピアノが弾けて留学経験もあるのは初めて知りました。この本を読んだ後に行きつけのご飯屋さんに行って店長に「あの方、すごい人なんですね…」と云ったら「読み上げ機能があれば将棋もできるよ」とまた新たな情報を頂きました。このインタビュー集、基本は10~15年ほど前なので、どのM男さんも元気か気になったのですが、盲目のM男さんに関してはプライベートも充実されているという話を聞いたので何よりです。

 

インタビュー以外にもコラムがあるのですが、そこでインパクトがあったのは中国人のM男さんの話。希望したプレイが731部隊の女兵士に人体実験されるプレイだったとあり、大変複雑な気持ちになったのですが、当の女王様も複雑だったご様子だった。女王様は「旧日本軍に女兵士はいない」と説明したそうですが…結局、マルタプレイはしたとのことでした。

*1:ある小説でうんこ食わせる描写に対して「うんこを食べるのにはコツがいるって聞いたのに、何平然と食わせているんだよ」とわけわからない怒り方をしたことがある。と、いうのは過去に友人(食糞経験あり)が「食べている最中にむせると臭い」と教えてくれたり、『消された一家』ではトイレットペーパーにくるんで飲み込む…という描写があったことから。この『マゾヒストたち』には、食糞のコツが書かれているので、くさい思いをせずに知識を得ることが出来ます。食べるというよりは飲み込むそうで、噛むと臭いから…ということだそうです。そしてM男さんは噛まずに飲み込むという技術を取得する練習をしたとのことですが…人生で使わずにすませたい知識は増えていくのだな…という気持ちになりました。

生きて帰れども『特攻隊振武寮』

過去の本と親子や兄弟に当たる本を読みました。

特攻隊振武寮 帰還兵は地獄を見た (朝日文庫)

特攻隊振武寮 帰還兵は地獄を見た (朝日文庫)

 

読了。

生きて帰ってきた特攻兵を待ち受けていたのは上官の心ない言葉と振武寮での軟禁生活!飯喰ってても詰られる様子がとても辛い…。

 

軟禁生活の話が大きなところではあるけれども、当然、軟禁に至るまでの話も多く、同じような学歴(ほぼ皆大学を出ている)の仲間たちとの交流や特技を活かす場面など、戦争の世でなければ…と思わずにはいられない和気藹々、希望があったはずだったのに…という部分多し。

飛行って技術だから、訓練中に死者が出ることがあって、同級生がお亡くなりになってしまった…というエピソードもあり、飛び散ったご遺体を素手で集めたり(手袋は飛行のためだから使っちゃダメって上官に云われる)、仏教系の学校を出た同級生がお経を上げてくれたりという話が妙にしんみりきた。

飛び散った臓器の話しから、臓器の中で丈夫なのは腸で、叩きつけられてもそのままの形で残っていたという話もしてくれて、「ホラー映画などで腸でアレコレするのは案外理に適っているのだな…」と変な方向の事も考えていました。

 

軟禁生活でネチネチ詰ってきた上官を呼び出して囲んで殴ろうかと戦後に呼び出して囲むもあんな鬼みたいな奴がこんなに弱って…とまるで無限の住人における槇絵と父みたいな話もあった。復讐って案外できないのはそんなこともあるんだと思います、たぶん。

 

この本は『不死身の特攻兵』から読んだのだけど、文庫本だったので、解説が鴻上さんだった。親子や兄弟みたいな本なのでこの人選はさすがです。

今回の本も鴻上さんの本も特攻の構図は鴻上さんがよくいう「世間と空気」みたいな話につながる部分は多く、「強要はしていないが、そうせざるを得ない」に追い込まれます。

罰せられない上官も多く、上司がダメなばっかりに現場の人間ばかりが損をする、そういう構図はなくしていきたいですね。

 

関連

hikimusubi.hatenablog.com

蝶の夢も見たかもしれない『森の死神』

これは掘り出し物。

森の死神 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 213-2))

森の死神 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 213-2))

 

読了。

全身麻痺で口が聞けず目が見えない主人公と彼女が住む町で起こる子供を狙った連続殺人事件。

設定からして、期待しますよね、期待はそれなりに叶えられます…という具合。

主人公がお嬢様で、ばあやがいるんですけど、ばあやはお嬢様を人間扱いしてくれるし、出会った男性と恋に落ちて仲良くなる。主人公も主人公で、セックスは諦めたけどもっと動けたら筆談ができるから、えっちな話ができるぞ!と前向き。フランスって恋愛と性に前向きな国だと勝手に思っていたけど、だいたい合っている…?

お嬢様の一人称ということもあり、病気は違うけど、殺人があって目が見えない『潜水服は蝶の夢を見る』みたいなそんな作品。あと逆『ドント・ブリーズ』かな。

あと、連続殺人事件といえば…ということで、名前は出て来ないけど、ジェフリー・ダーマーの事だなって台詞があった。猟奇殺人と云えば、この人!みたいな人だなぁ…となりました。