衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

何某かの傾向はある『美人論』

本を読むのはやっぱり楽しい。好きな語り口の作家が見つかるともっと楽しい。

美人論 (朝日文庫)

美人論 (朝日文庫)

 

読了。

明治以降、美人はどのように論じられてきたか。

明治期に「衛生美人」という美人観を大日本私立衛生会が提唱するもその美人観が受け入れられず、不美人の描写として二葉亭四迷浮雲』に「生理学上の美人」と書かれる始末…というのに笑ってしまった。

泉鏡花「最近の美人画は肌の色が健康的すぎる。俺は病的でも良いから色白の方がそそる(意訳)」

小杉天外「痩せて色白で温和しい女性こそ美人。健康的なのは遠慮しときます(意訳)」

…みたいな感じの価値観に対抗するのが「顔はどうでもいいから臀腰壮大」な女性が衛生美人だったそうです。

しまいには病的な感じのタイプを結核好(けっかくごのみ)と決めつける官僚もいて、結核は美人がかかるものという向きがあった話へと展開。

谷崎潤一郎『異端者の悲しみ』に出てくる「肺病になる女は美人」という趣旨の会話が引用されていました。

結核の女=美人という価値観があったようだけど、「結核患者の性欲はすごい」の話はなかったので、結核の女=えっちな美人という話は無かったです。とはいえ、こういうところから当時の価値観が見える、そういったものだったのでは?と推測されるのは面白いですね。

 

話が脱線しますが夢二式美人がもてはやされたのを思うとみんなちょっと病気っぽい感じの女性を好む傾向があるんでしょうね。かくいう私も一番好きなのは色白細身ではあるのですが、様々な美女観が存在しているので、美人はこれだというよりも、個々になにがしかの美を持っており、そこを努力することで何かしらの美人になりえるのではないかという方が希望があります。

たとえそれが美容業界の商業的戦略であったとしても、自分は不美人だからと悩むよりはよっぽど良いかと思うんですけど、私も醜形恐怖思しき時代が長かったからなかなかどうにも。

流行っている、なんだか新しいから食べてみたい『ファッションフード、あります。』

 人並みに食べることが好きです。

ファッションフード、あります。 (ちくま文庫)

ファッションフード、あります。 (ちくま文庫)

 

読了。

流行った食べ物アレコレ年代順。雑誌の力が強かった70年代から00年代ぐらいまで。流行った、そうだった、という食べ物が多数。

ハードカバー版を読んだ人が「インスタ映えなどについても書いてほしいなぁ」という趣旨の事について触れていたので、それも目論んで文庫版を選んだら書き下ろしでパンケーキやインスタ映えから料理写真についても触れられていました。

地方のものが全国的に注目された以外は、出てくる話がだいたい東京なので、文化の中心はやっぱり東京なんだと思うなど。あと雑誌の力が強い時代やバブル期の話が多いので当時の影響力やあおり方が違う。みんな踊らされていたような気がするけど、それでもおいしかったり楽しかったりした…はず。

さすがに最近はメディアの影響力が分散したり弱まったりしたので大きなブームにならないとはいいますが、迷惑を掛けず節度を持っておいしいものを食べたいです。

 

その一杯に歴史あり『珈琲の世界史』

読書のペースが落ちていますが、本は読んでいます。 

珈琲の世界史 (講談社現代新書)

珈琲の世界史 (講談社現代新書)

 

 読了。

タイトル通りコーヒーの世界史の本。

17世紀半ばフランス・パリではコーヒーは片田舎の飲み物だったのですが、オスマン宮廷式のコーヒーによりトルコからやって来たオシャレな飲み物ということでヒット!

このエピソードに「やっぱり売り方が大事だよねー」と思うなどしました。

一方でコーヒーというより紅茶の国のイギリスがかつてはコーヒーの国だった話や、スリランカが紅茶の国なのは「珈琲がダメならスリランカで紅茶を作ればいいじゃない!珈琲は犠牲になったのだ…」というエピソードの紹介などコーヒーからみた歴史が盛りだくさん。

コーヒーの歴史への関与は日本は薄いものの、日本における喫茶店文化の話にページが割かれていて、こちらはかなり楽しみました。

見世物小屋を観る2018

新宿は花園神社の酉の市へ見世物小屋を観に行ってきました。

f:id:hikimusubi:20181113112127j:plain

楽しかった。

十八番肉体芸の樺太の野人や串刺し中国人、

痛みが想像できて恐怖を誘う狂ったOL、

今年も美女を起用したヤモリ女、

そして大技は可愛い顔立ちながら背中に人間火炎放射器の文字を背負った特攻服の女総長による火吹き!

最高!

 

ちなみに人間火炎放射器は北関東は土浦からやってきた…と妙にリアルな設定でした。

ヤンキーが多いといわれる茨城県にある地名ですね、土浦。

 

今年も観られたので無事年を越せそうです。

ゼイリブみたいな毎日

勤め先の会社を辞めようと思ってから、毎日が『ゼイリブ』みたいになっている。

社内に味方なんていないと思っているし、私だけが目覚めてしまったのでは?みたいな気持ちになる。まさに『ゼイリブ』でこの世が支配されていることに気が付いてしまった主人公のごとし。

会社に合わない人間になったのが私というだけなのかもしれないけれども、とにかく今は不安と恐怖しかない。そして必要以上に疲れる。

どうなることやら。

 

ゼイリブ(字幕版)

ゼイリブ(字幕版)

 

この映画です。

 

行けるのか?京都。

京都に行こうか考えてる。

と、いうのはりーぬの作者、中川多理さんの展示があるので見に行きたいな…ということで。

同居している恋人に「京都行こうかと思うんだけど」と云ったら「山科?」と云われたので、行動範囲がすっかりばれている(個展会場は山科です)。

 

まだ行くかどうかは未定ながら、行くとしたら他にどこに行こう?と考えるなど。

・築地

四条河原町にある純喫茶。今年2月の時に場所を確認したものの、この時は喫茶ソワレとライト商会にいった後だったので、さすがにここはいけませんでした(紅茶の飲みすぎ)。

 

・戻り橋

一条にあるアンティー着物屋さん。こちらも今年2月はあきらめ。宿が五条にあったので、行けるか微妙で断念。

 

ん~、この2つかなぁ。他にも気になる場所はあるんですけど、地理的に離れすぎて活けそうもないので欲張らない方針にしておきます。

 

上着が欲しい

ショールを忘れたきりなかなか引き取りに行けていないので、新しい上着を買わなくちゃいけないのだけど、気に入るものがない。

しかし、こんなことで意固地になっていても風邪をひいてしまうので、同居している恋人に頼んで羽織りものを借りて寒さをしのいでる。

寒さをしのいでいるうちに、そのうちコートの季節が来るような気がするが、それより早く風邪をひいてしまう気がするので早く何とかしないといけない。