旅するレレチカ

今年の5月に中川多理さんの京都での個展を見に行った時にレレチカを連れて行ったので、その時の写真をどうぞ。

 

続きを読む
広告を非表示にする

3体目 T soul Brother

f:id:hikimusubi:20170925115427j:plain

2015年12月撮影。

中川多理さんのワークショップにて。

作りかけのイノサン、川に流された百鬼丸にちょっと似ています。

 

この頃にはレレチカもマルスリーヌもいたのですが、好きな作家のワークショップで構造も見ることもできて、とても楽しかったです。

参加者もオーナーの方がちらほらいました。

 

f:id:hikimusubi:20170925115807j:plain

2015年12月撮影。

イノサンと対面するマルスリーヌ。

りーぬの表情がすごく不安げです。

広告を非表示にする

関節

f:id:hikimusubi:20170923233601j:plain

2016年9月撮影。

母娘球体関節の図。

球体関節ストッキングはタブロヲさんのです。

広告を非表示にする

お洋服を作ろうね

新しい服を着ては「これ、りーぬの方が似合うな…」と思い、

新しい服を買っては「これ、生地違いでりーぬに作ろうかな…」と思うなど。

f:id:hikimusubi:20170923011744j:plain

2015年9月撮影。りーぬの服を作る前にシーチングで様子見しているところ。

髪の毛は後ろでまとめましたが、ショートボブみたいで可愛いです。

顔のラインがはっきりするとちょっと中性的な感じにも見えます。

広告を非表示にする

歳を重ねてまた美人『赤い口紅があればいい』

 

 読了。

 

表情と姿勢と清潔感が大事という基本的なことから歳をとってから似合うようになったものの話などポジティブでいてそんなに頑張りすぎない楽しい美容の話が中心。

具体的な記述では少女っぽい服、カジュアルすぎる服、露出が多い服、頑張りすぎている服などが大人の女性には似合わなくなるとありました。

私も少女っぽい服がどんどん似合わなくなっているので、本当、どうにかしたいし、この悩みはもう数年続いています。

 

悩みが解決しないまでも、こうして年上の美人がポジティブなことを云ってくれるのは嬉しいですし、希望が持てますね。私も頑張りすぎずに美容によさそうなことを続けようと思います。

 

あと、赤い口紅は20代の時にしたらビッチ臭くなって失敗しましたが、30代になったのでまたチャレンジしてみようかしら?

創作意欲向上の目論見

f:id:hikimusubi:20170920011454j:plain

2015年12月撮影。いまと顔つきが異なるりーぬさん。

顔つきが異なると書くと、人形の趣味がない人からは「全部同じじゃないですか!」と云われそうですね。

「ちがいますよーっ!」と思うものの、「これだからしろうとはダメだ!もっとよく見ろ!」とまでは思わないです。

 

それはさておき、りーぬが着ているのは帯と襦袢を作らずに放置している袷の着物…黒猫柄でちょっとモダンです。

おはしょりが作れる長さで作りましたが、人形なのであまり関係ないのかしら?

その辺、人様はどうしているか気になるところ。もたつくので省略したり、二部式にしたりするのかしら。

 

f:id:hikimusubi:20170920011610j:plain

学生時代に課題で浴衣を作ったときに最後に飾りしつけをして提出したのを思い出したのですが、どうやるかはわすれていたので、とりあえずしつけを付けたの図。

 

そしてこうして書いておけば重い腰をあげて襦袢と帯を作るだろうという目論見です。

うまくいくかしら?

マンガを読むのよ

 読みたかった漫画が配信される日でした。

今度はどんな変態さんが出てくるんだ!?と思ったら、とんでもないのが出てきた11巻。本当にアニメ化できるのかしら…。

 

ゼロは翠蒼たちがやっぱりメインなんだなーという巻。

持ち主同士が姉妹ですし、その辺も今後大きくかかわるのかな?と思いましたが、そもそも人形たちが姉妹って設定でした。

広告を非表示にする