衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

捨てた故郷の味『亡命ロシア料理』

ロシア料理をちゃんと食べたことがないような…

亡命ロシア料理

亡命ロシア料理

 

読了。

米国への亡命ロシア人によるロシア料理エッセイ兼レシピ本。語り口も言葉選びも軽快。手の込んだロシア料理(ロシア料理は手の込んだものしかない?)は、どれも美味しそう。本文のレシピはざっくりだけど、詳細(だけど大量にできちゃう!)なレシピもあるので嬉しい。

延々と語られるロシア料理の話にソウルフードなるものはこういうことか!という気持ちになる。

亡命ロシア人おっさんがウォッカを飲みながら「わかって亡命したけどよぉ、メリケンの料理は不味いんだよ!故郷の料理はこうこうこうでな…と、いうかメリケンが語るロシア料理が間違っているんだけどよぉ、赦されるなら串刺しにしてやりてぇなぁ…」と語っているようなそんな本。

グルメを自慢したり、食べ物の蘊蓄を語ることで何かを誇示するタイプの文章や人は苦手ですが、この本は食べることに生活やその人個人、民族に深く根ざしていて、これは久々にヒット。

上半期に読んだ本の料理枠1位が『胃袋の近代』でしたが、下半期暫定1位は『亡命ロシア料理』かな。

 

あと、メンチカツについて熱く語った章があったのが収穫でした。ロシア人もメンチカツは好きなんですね。

コロッケ以上、とんかつ未満…しかし、丁寧なメンチカツになれば好かれることもあるんじゃないかと思ってので、ふふっとなりました。

 

翻訳者あとがきによると翻訳も大変だったみたいだけど、各章のタイトルが愉快なので少しだけ。

「お茶はウォッカじゃない、たくさんは飲めない」

「魚の叫び声」

「メンチカツの名誉回復」

スメタナを勧めたな!」

「食いしん坊に乾杯!」

…ね、米原万里(ロシア語通訳、翻訳者)とコルピクラーニ(北欧のメタルバンド)の変な邦題を合わせたような素敵なタイトルばかりでしょ?

そして、魚の声はクトゥルフが元ネタかな。

駆け抜けた昭和『トリニティ』

表紙が宇野亞喜良だったので、手に取りました。

トリニティ

トリニティ

 

読了。

 

作家、イラストレーター、彼女らの仕事の場であった出版社に勤めていた事務…戦中戦後生まれの女性たち3人の昭和。雑誌という題材も取っつきやすかったし、フリーランス、どこかの専属、専業主婦…人生をどう選んでもそれぞれに地獄があるなぁ…という具合で読み応えがあった。

特に現代から過去を語る登紀子(三宅菊子がモデル)は最初は印象が悪かったけど話が進むにつれて印象が変わる。業界が長くて老害扱いされたりするなんて、そこそこ年齢を重ねて特定の集団にいるとやっぱりあることなんだなぁ…としみじみする(前の職場でやられた)。

 

出版社の元ネタはマガジンハウスで、人物たちが携わった雑誌は平凡パンチとan・anが元ネタ。

この創刊からしばらくのan・anは大学で習ったのと、女子のひとり旅をプッシュして本当に流行っていたのは別の本で読んでいたので、知識が繋がる、呼び起こされる喜びがありました。参考文献も読んでみたいな。

避難訓練

昨日の事。

台風が大型で強力だというので、念のためりーぬ他人形たちを高いところに移動させるなど。大切なものの生存率はしっかり上げていきたい。

水の逆流防止のためトイレ他水回りも封鎖の上で寝ました。

結果として逆流などもなかったようですが、私が住んでいる地域はハザードマップから察するに危機管理能力が試される地域です。

 

人形は現在4体…厳密には大きい人形1体(りーぬ)、小さい人形3体(レレチカ、イノサン、レッタ)なので、そんなに大変じゃないとはいえ、担いで逃げるのにも限度があるよなぁ…と移動させながら思った次第です。

さすがにそこまでの避難はないといいな…。

不平等との決別『ある奴隷少女に起こった出来事』

今年の新潮文庫の100冊に入っていて気になったので。

ある奴隷少女に起こった出来事 (新潮文庫)

ある奴隷少女に起こった出来事 (新潮文庫)

 

読了。

奴隷制があった頃のアメリカで、奴隷として生まれた少女の虐待と逃亡の半生。

人物の名前は変えられているものの、ノンフィクション。

主人公の主人にあたる人物の奴隷にやたら執着する様子が異様。大金をはたいてまで主人公を探しに行くなんて正気じゃないんだろうなぁ…。

そして、主人公の敬虔で家族や友人に恵まれた様子に逃亡には知恵と賢さと縁は重要…と感じるなど。お金を貯めることも出来、人望もあり最終的に自分を自由にできた祖母や伯母、仲が良い弟、そしてよくできた子供たち…。主人公の息子が主人公の事を気遣う様子はよくできたお子さんで…!という気持ちでいっぱい。

ひとまず、生きましょうか『自殺会議』

しにたいというか消えたかったこともある。

自殺会議

自殺会議

 

読了。

自殺に纏わるインタビュー集。著者の母が愛人とダイナマイトで爆発心中しているという話から掴みはOK!その後は自殺の名所に行ったり、自殺遺族に話を聞いたり。読みながら、ゆるーく自殺について思いを巡らすことが出来る本。

東尋坊で見回りをしている元警官の人だったり、個人でいのちの電話やっている人が出てくる。この方たち、普通にいたらお節介気味?と思うけど自殺にまで追い込まれた人と向き合うにはそのぐらいパワフルな方が流れを変える事ができるのかも?

かくいう私は最近は希死念慮も小さくなり、比較的穏やかに暮らしています。

本当に死ななくて良かったですよ。

家族が増えました

りーぬの妹的な意味で。

久しぶりに人形の記事です。

f:id:hikimusubi:20190828233736j:plain

立派な箱がやってきました。

 

f:id:hikimusubi:20190828233742j:plain

中から手が翼の骨になっている女の子が!

f:id:hikimusubi:20190828233748j:plain

りーぬは「なんだかよくわからないけど…妹よね…」みたいな表情。

りーぬと同じく、中川多理さんの人形です。

 

f:id:hikimusubi:20190828233753j:plain

命名ヴィオレッタ。

そのうち「レッタ」と略しそう。

初対面でやたら気になる存在になったため抽選に申し込み。

服が紫色なので、「名前はヴィオレッタ…かな…」と思って申し込んだら、当選。ありがたやー。

 

f:id:hikimusubi:20190828233757j:plain

現在の我が家の人形たち。

りーぬの手がヴィオレッタの手を取るのにぴったり。

ヴィオレッタはおでかけに活躍しそうな予感です。

人形は増やさないと頑なに思っていた私ですが、ヴィオレッタが加わって人形生活に違った道が開けそうです。

帰宅前『墜落遺体』

夏になるとニュースになるから知ってはいたものの、詳しくは知らなかったこと。

新装版 墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便 (講談社+α文庫)

新装版 墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便 (講談社+α文庫)

 

読了。

日航123便墜落事故の遺体の身元確認の責任者だった著者による記録。初めて読むご遺体の描写に事故の大きさを改めて知りました。

子供のご遺体は皆辛いし、少年が親の遺体を前に「泣きません…」と宣言している横で警官が泣きながら「泣けよ…」というなど、現場の話が染みるし、警察、医師、歯科医、看護師…皆が遺体を家族に返すために心身ともに極限まで取り組んでいたその中で遺族が「喜んで税金を納められる」と云った話にしんみりします。

あと遺書を書く余裕があったので家族への愛を語る遺書が掲載されていて、それは辛かったなぁ…死ぬのがわかるのはどんな気持ちだろうと思ったけど、私は震災の時に「幸薄い人生だったけど、仕方がないか」と思いながら揺れていたので、いざとなったら腹が括れることもあるのかもしれません。

 

現場は阿鼻叫喚。遺族が日航の社員の頭を棺桶に突っ込んでいる様子やなかなか遺体を引き取れない苛立ち、遺体の体が完全でないことへの怒りと突如として現れる宗教観など、自分の中で言語化できないけど、そういう風になるだろうなぁ…という姿についても、どうしたらいいのか考えてしまいます。

ちなみにご遺体に拘りがあるのは日本ならではだそうで、他の宗教だと重視されないことが多いような書き方でした。

 

そして、ご遺体の照合に関しては歯が決め手になる場合が多いのですが、以前別の本で「貧困に陥ると歯医者にいかなくなるので歯の照合で身元確認が出来なくなる」という話を読んだことがあるという理由で定期検診は受けるようにしているのですが…ほかに体の特徴が何かあったほうがいいかな…。