衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

洛中洛外冷戦『京都ぎらい』

怨みはないが、ありがたがりすぎるのはどうかと思うんだ。

京都ぎらい (朝日新書)

京都ぎらい (朝日新書)

 

読了。

京都市の洛外出身の著者による京都論。洛中の人に洛外出身をバカにされたという怨みをパワーに憎しみをやる気にして書かれていますが、楽しく読めるし、やっぱり京都はそうなのか…と思うなど。

安くて美味しいものは大阪にあって、大阪だけが京都をバカにできるそうです。

隣の滋賀はどうなんだろ?滋賀出身の恋人に聞いてもコメントは得られませんでした。

よくバラエティでは「琵琶の水を止める」なんて話もありますけど。

 

終盤は日本史絡みの話になるのですが、天龍寺後醍醐天皇の怨霊化を恐れて作られた寺という話を読んで「後醍醐天皇の怨霊で日本転覆を目論む陰陽師とかいそう」と思いました。そんな帝都物語ならぬ京都物語(仮)があったら教えて下さい。