衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

地域社会と繋がる『セルフ・ネグレクトの人への支援』

本を読んでいると、すぐではないが疑問が解決することがある。

セルフ・ネグレクトの人への支援

セルフ・ネグレクトの人への支援

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 中央法規出版
  • 発売日: 2015/07/25
  • メディア: 単行本
 

読了。

教科書的な話や汎用性がありそうなQ&A、そして、事例集。セルフ・ネグレクトもやはり社会との繋がりが無くなってしまうことや拒否すること、また元々縁が薄い事で起きるよなぁ…という気持ち。医者にはかかろう、人には相談しよう。

 

この本を読んでいて、収穫だなぁ…と思ったのは「電波が入ってくるから」という理由で部屋中アルミホイルの人への接し方が載っていること。しかも汎用性が高そうなQ&Aのページにあるので、よくある案件なのかしら。

ちなみに部屋中アルミホイルの人との接し方は、友人が疑問に思っていたことだったので、即友人に伝えました。

事例集が春日武彦平山夢明の本に出てきそうな話が多く、鳩が出入りする不衛生な家に住む高齢者夫婦(夫は躁鬱、妻は謎の宗教狂い)が家が火事になった結果解決したとか、本文には出てこないけど図をみると遺体を放置してしまった高齢者、ずっと焼酎のコーヒー牛乳割を飲んでいる高齢女性、こだわりが強すぎて病院に行けず症状を悪化させる中年女性など「もっと人を頼っていいし、意固地にならなくてもいいし、何が不安かはちゃんと言ったほうがいい」という気持ちになる。

 

また、こうしたセルフ・ネグレクトの方への接し方は嫌がらず根気強く、敬意を持って接するに他ならないな…となるし、やはり専門家に任せないといけない案件でもあり、手遅れになる前にもっと人を頼っていいし、意固地にならなくてもいいし、何が不安かはちゃんと言ったほうがいいし、そして、小さくでもいいから社会とつながったほうがいい。