衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

生きていけるかな『しょぼい起業で生きていく』

手に取ってみた。 

しょぼい起業で生きていく

しょぼい起業で生きていく

 

読了。

初期投資控えめ、企画書なしの起業とその例。

自分の特技や人の繋がりから何が出来るか考えてみること、バイトしながらしょぼい起業して生きていくのもありとあったので、私がやろうとしている事はこれかな…という気持ちになった。

朝は起きられないし、満員電車に乗りたくないし、ハラスメント体質の人たちと上手くやっていけないし、技術で働こうとした会社はヤベェことしていたので、辞めて療養生活中…なんですけど、技術を活かして細々と生きています。

参考にできることもありそうなので、技術職の方は続けたいな。

 

著者のことは全く知らないと思ったら、生活保護のボランティアでみた人たちを紹介する記事で観たことがありました。あ、あの方だったんですね…!という気持ち。

 

 

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

 

この著者との対談もあった。

やっぱり親和性があるのね。

著者は収入はあるので厳密にはニートではないにせよ、辛くないし死なないこんな生き方もあるよ、という感じ。ニートにならないにせよ、こういうゆるい生き方が選択肢があると死なずに済むよという感じ。読み物としてもゆるく楽しいです。