衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

運べ!何を?人生に関わるものを『アリスの夜』『デブを捨てに』

読んだ本が過去に読んだ別の本と似ていたので、そのこともついでに。

アリスの夜

アリスの夜

 

読了。

借金のカタで運び屋をやらされた青年が少女娼婦との逃亡劇。

ページ数がそこそこあるので躊躇していたのだけど、エンターテイメント志向で構成も文章も読みやすいので意外とするっと読めた。

拷問とかエグい暴力とかあったけど、描写がしつこくないアッサリ仕様(自分の読書比で)。

表紙に恋月姫の人形の写真が使われている。この本を知ったきっかけはどこかの書店がやっていた人形が表紙の本特集をしていた時で。

ヒロインの少女娼婦があんまり特定のイメージが付くと人によってはしっくりこなさそうなので容姿に関して細かすぎる描写があると萎えそうだけれども、美人でなくてはいけないのでこのセレクトは良いと思う。

 

ちなみに今まで読んだ本だと平山夢明『デブを捨てに』に似ている。

デブを捨てに

デブを捨てに

 

借金のカタにデブを捨てることになった話。

ロードムービー的なものだから、似てしまうのは当たり前ぐらいに思っている。

運ぶものが『アリスの夜』は美少女で、『デブを捨てに』だと桁外れのデブ。

食べなくちゃいけないとき、美少女はワッフルを希望するが、デブはラーメン…デブを捨てるという云うだけで、なんだかおもしろいことになる。

 

『デブを捨てに』にはそんなに変態が出てこない。しかし、平山夢明なので不衛生な感じがある。

『アリスの夜』は頭をカチ割るの大好きオバサンとか変態オネェとか出てきたし、最後に変態オネェによる長台詞(私は正直に生きている。だってクソ地味な人生を送るのはイヤだから)が入るが…上であっさり仕様って書いちゃったのは…個人の好みかと!