衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

絶妙な匙加減『人形たちの白昼夢』

人形モチーフの小説に手を出すなど。

人形たちの白昼夢

人形たちの白昼夢

 

 読了。

人形と青いリボンが出てくる短編集。モチーフが好きなものにつき地雷を踏み抜かれる覚悟だったけど、読んだら絶妙な話の方が多かった。

掘り出し物感。

ポットが語る少女の話「ワンフォーミー・ワンフォーユー」、読書好きの少女と少年の話「モンデンキント」が良かった。

全ての話において、人形が重要な役割を果たすかというとそうでもないのだけど、本としての統一感が出ている。

人形がかなり出張ってくるのはオートマトンが出てくる「リューズ」「ロゼッタ」という2作品。どちらも幻想寄りのリチャード・コールダーという印象。

 

小説で人形を使うときは距離感があった方が私は好き。特にその人形が球体関節人形だと作者の思い入れがあり過ぎると、ものすごい臭みが出るし、説明が多かったり長すぎたりして、げんなりすることの方が多いので、人形モチーフは地雷として扱っています。