衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

不平等との決別『ある奴隷少女に起こった出来事』

今年の新潮文庫の100冊に入っていて気になったので。

ある奴隷少女に起こった出来事 (新潮文庫)

ある奴隷少女に起こった出来事 (新潮文庫)

 

読了。

奴隷制があった頃のアメリカで、奴隷として生まれた少女の虐待と逃亡の半生。

人物の名前は変えられているものの、ノンフィクション。

主人公の主人にあたる人物の奴隷にやたら執着する様子が異様。大金をはたいてまで主人公を探しに行くなんて正気じゃないんだろうなぁ…。

そして、主人公の敬虔で家族や友人に恵まれた様子に逃亡には知恵と賢さと縁は重要…と感じるなど。お金を貯めることも出来、人望もあり最終的に自分を自由にできた祖母や伯母、仲が良い弟、そしてよくできた子供たち…。主人公の息子が主人公の事を気遣う様子はよくできたお子さんで…!という気持ちでいっぱい。