衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

ある欲望の話『青春と変態』

ずっとタイトルは知っていたけど、やっと読みました。

青春と変態 (ちくま文庫)

青春と変態 (ちくま文庫)

 

読了。

トイレ覗きに情熱をかける男子高校生の青春。前半の描写(性器や排便の様子)が細かいからか、覗きをやめてからの青春部分がややダレるも、オチの付け方…最後に明かされる欲望は良かった。

変態描写に関しては女子が用足ししたトイレが臭いことに関して月経があるからと書いていたけど、こういう細かい仕事は嫌いじゃないぞ…。

 

ただ一方で文章に素人っぽい読みにくさがあったり、作者のスキャンダラスな作風ほどインパクトがなかったのは私が期待しすぎたからかなぁ…と思うなど。そういうこともあるさ。