衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

血とかでないらしい

www.fashion-press.net

観る前から批判してはいけないけれども、血とか内臓とか死体とか出てこなさそうで、それは平山夢明原作でなくてもいいのでは?という気持ちになっています。

 

 

暗くて静かでロックな娘 (集英社文庫)

暗くて静かでロックな娘 (集英社文庫)

 

表題作は盲目の美女:ロザリンドとさえないおっちゃんの恋愛の話。

以前書いた感想はこちら↓

底辺にも幸せは宿る『暗くて静かでロックな娘(チャンネー)』 - 衛生ゴアグラインド

血をお花に変えちゃうなら、こっちを映画化してほしかった。

ロザリンドを玉城ティナが演じるんだったら絶対に観に行っていた。