衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

好きな作家にサインを頂く『「サイコパスの手帖」(洋泉社)刊行記念 春日武彦先生&平山夢明先生トーク&サイン会』

昨日6/28は『「サイコパスの手帖」(洋泉社)刊行記念 春日武彦先生&平山夢明先生トーク&サイン会』に参加しました。

現役作家で文章が好きな作家No.1の春日武彦先生と現役作家でエグみとエンターテイメントの両立でNo.1の平山夢明先生ですので、楽しみにしていました。

特に春日先生は初めてお目にかかるので、著作が好きであることなどをお伝えしたところ、ニコニコ笑顔で新刊の予定を教えてくださり、更に好きになりました。

平山先生はサービス精神旺盛で、サイン会の最中でも会場に向けてトークを展開していて、すでにトークイベントが始まっているかのような気持ち。

今回はサイン会→トークイベントという流れでトークは聞いた人のお楽しみ!というほどに過激な話題が盛りだくさんでした。

 

端的にレポートしますと

・映画『カニバ』から某S川氏の話(春日先生は目撃したことがある、平山先生は過去に交流あり)

・春日先生は変態的なものが治療できるという考え方に否定的

・トラウマ映画は2人共にあまり被らず 春日→真面目 平山→キチガイ で別れた。

・平山先生「真面目な人が悪いこともしていないのに、糸くずみたいになるのが好き。自分の中に幸せが無いからそういうのを見ると安心するし、逆に幸せな話はドキドキする」(意訳)と語る。

・海外の話。平山先生は米国の愛国心が異様に強すぎるホテルに行った話、春日先生は

 グアテマラ寄生虫由来の失明の患者さん相手に視力検査をした話。

・平山先生が出会ったサイコパスっぽい編集者の話。

・お客さんより質問「今まで出会った一番サイコパスな人は?」

平山先生→「金に汚いやつ。俺たちへの給料が3,4ヶ月に1回!春、夏、秋、冬の各1回って、なにこれ?季(節)給?」

春日先生→全員犯罪者の閉鎖病棟にいた電話ストーカーの男。とにかくしつこかった。

・お客さんから「多頭飼いはおかしいという話がありましたが、私は猫7匹飼っています。気が狂わないようにするにはどうしたらいいでしょう?」という質問に対して、春日が「見分けがつけば大丈夫」と返答。

・映画『ダイナー』には平山先生はでていない。

 

他にも色々ありましたが、だいたいそんな感じ。主に平山先生が喋って、春日先生はニコニコ頷いたり、時々ぼそっとツッコミを入れたり…と云う感じでした。

よい日だった…。

 

サイコパスの手帖

サイコパスの手帖

 

たぶん、今年の面白かった本に入れる。