衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

美のある生活『ウィーン・モダン展』

国立新美術館のウィーン・モダン展を鑑賞。

どっかでみた記憶の絵や教科書で観た絵がいくつもあって、ウィーンは世界史へ影響が大きいんだぞ!という再確認。

服とか家具とか食器とかもあるのが嬉しい。シーレの自画像を見た後に別の作家によるシーレの肖像があって、だいたいああいう顔なのか…と思って帰ってシーレ自身が写った写真をみたらだいたい想像した通りの顔だった。

 

あとみんな大好き!?ネコチャンとクリムトの写真は上野にもありましたがここ新美術館にもありました。

 

f:id:hikimusubi:20190531143101j:plain

撮影OKだったクリムトの「エミーリエ・フレーゲの肖像」

キャプションにエミーリエ自身は肖像を気に入っていなかったとあり、クリムトでも作品が気に入って貰えないこともあるんだから、生きよう…って気持ちになりました。