衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

脚本家の話『映画はやくざなり』

その手の映画は詳しくないけど、面白いものとはどんな要素があるんだろう?と思ったので。

映画はやくざなり

映画はやくざなり

 

読了。

脚本家によるエッセイ+未発表シナリオ。

シナリオ骨法十箇条が目当てで読みましたが、映画「226」でプロデューサーに「遺体に鼻を擦りつける悲しみの愛犬を入れて」と云われるなどの脚本家終盤のエピソードがグッと来ました。『ハチ公物語』が当たったので犬だったようです…

他にも映画『櫻の園』のプロデューサーに対して著者が「山谷の労働者は見ない映画」と云ったら「見なくて貰わなくて結構。彼らに向かって作っていませんから」と返されるエピソードもありました。

色んな事がニッチになったり、プロデューサーが変なこと言いだしたりというのが平成初期ぐらいから始まったのかな…という気持ち。

別の映画監督の本でも「親子愛で泣かせて」と色々要求される話があったなぁ…。

 

シナリオ骨法十箇条についてはメモしておきます。

 

まず下準備として

①コンセプトの検討

②テーマの設定

③ハンティング(取材と資料蒐集)

④キャラクターの創造

⑤ストラクチャー(人物関係表)

⑥コンストラクション(事件の配列)

⑦プロット作り

をクリア。その後に出てくる娯楽映画のコツがシナリオ骨法十箇条。

その1:コロガリ(サスペンス。観客をワクワクさせるもの)

その2:カセ(主人公に背負わされた運慶、宿命。コロガリが主人公のアクティブな面を強調するのに対して、加瀬はマイナスに作用するもの)

その3:オタカラ(主人公にとって守るべきもの、主人公に対抗する側はそうはさせじとする葛藤の具体的な核)

その4:カタキ(敵役。内部から主人公の心を侵害するものでもOK)

その5:サンボウ(瀬戸際に立った主人公が根性を見せて運命や宿命に立ち向かう決意を示す地点。話の方向性を観客に気が付かせ、心をつかむ部分)

その6:ヤブレ(破、乱調。一度は失敗、危機、落ち目をだして存在感を出す)

その7:オリン(ヴァイオリン。ヴァイオリンをかき鳴らして感動を誘うヤマの一歩手前の部分)

その8:ヤマ(山場。見せ場。クライマックス。ドラマ要素が集結する一大修羅場)

その9:オチ(ラストシーン。作者が思いっきり楽しみつつ繊細な気遣いを持って書き上げるべきところ)

その10:オダイモク(テーマ。ドラマを書き進めた上でのテーマと最初に設定したテーマで差異が出ることがあるが前者の方が大切)

 

…こうした要素はあるけど、大切なのはやっぱり書くこととのことでした。