衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

どこにも行けない、という絶望

「今更どこにも行けない」という絶望が仕事に対してある。

自分は人間として人より劣るから、安い給料でも仕方がないと思っていた時代からこんな私でもできる、になったとはいえ「どうせこの会社だからたまたまうまくいったんでしょ」と思っての「今更どこにも行けない」である。

同じ業界であれば、経験者枠になるので、そんなに不利でもないのだけど、それでも色々躊躇する。

今日は後輩に会ったので、それを話したら「私も今更ちゃんと働けないと思っていましたけど、何とかなりましたし、ちゃんと話が通じる人がいましたよ」

…もう少しこのディストピア職場から脱出する努力をしよう。

まずは転職サイトに登録かな…。