衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

「私のことわかってくれないでしょう」という少女の事

www.fashion-press.net

 

 少女がこの世の中に対して抱くかすかな批評性とか、そういうリアルなものを描くほうが僕にはしっくりくる。“あなたに話しても、私のこと分かってくれないでしょう”という眼差しで見つめる少女とかね。そこでにっこりと笑ってしまうと僕の描きたい少女像とは異なるものになるのだと思います。理屈で言うとそんなところでしょうか。

 

りーぬの元ネタのマンディアルグ『仔羊の血』のマルスリーヌ自体がウサギしか愛していなかったので、耽美嗜好の人間の少女観がだいたいこんな感じなのかもなぁ…とインタビューを読みながら思いました。

 

マンディアルグ『仔羊の血』はレオノール・フィニへ向けた話だったので、宇野亞喜良の絵で画家の女の子と猫科の動物の絵が好きなので、これはレオノール・フィニですか?とサイン会で伺ったところ「特にモデルはいないんですよ。でもフィニは猫が好きでしたね。似ているかな?」と仰ってくださりました。

 

この絵。

レオノール・フィニに関してはややロニー・ジェイムズ・ディオ似になってからしか知らなかったのですが、少女期の写真はこちら。

 

f:id:hikimusubi:20181202112945j:plain

 

www.leonor-fini.com

レオノール・フィニ公式の英語の方。こちらにレオノール・フィニの写真がありました。