衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

私だけが面白い

本を読んでなんとなく知っていることが増えると突如ユリイカ!…とまではいかないけど、知っていることと知っていることがつながる喜びがある。

 

漢詩は古典が頭に入っていることが前提で教養高い文字が読み書きできる人の中でしか通じないものだったという話が合ったけど、先日読んだ日本の偏った歴史の本では『韓非子』の中に出てくる濫吸という言葉を日記で用いて「夜中にこっそり笛を吹いた」とあるのはこれは男同士でオーラルセックスしていたんじゃないかという指摘があったのがなんとなくつながった気がした。

でも、気がしただけで、あんまりつながっていないな…と思い直した。

 

漢詩の話はこちら

 

性のタブーのない日本 (集英社新書)

性のタブーのない日本 (集英社新書)

 

夜中に男同士でこっそり笛を吹いていたのはフェラしあっていた話はこちら。