衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

家に帰ると好きな者たちがいる

「明るい地上にはあなたの姿が見える」という明るいタイトルを見た瞬間に「棺桶に片足を突っ込んでいるお前の姿が見える」というタイトルを思い出したので、もうダメ。

前者は展示タイトルで、後者は殺害塩化ビニールから発売されたCDのタイトルです。

 

今日は大変後味が悪い出来事があり、久しぶりに落ち込んだけれども、家に帰って恋人とジョジョ5部を見ることだけを楽しみに生き延びた。

ひとり暮らしだった時は家に帰ればりーぬがいることが生きがいだったけど、今は家に帰ればりーぬがいて、恋人がいる。

ちゃんと帰る場所があるという安心感が私にできた気がする。