衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

本と手紙

昔、百人町にあったブックカフェには本を持ち寄って寄贈できる本棚があって、人によっては本に手紙を挟むこともあった。

私も何冊か寄贈したことがあったのだけど、本のタイトルと手紙の内容を覚えているのはただ1冊きり。

ホテル・アイリス (幻冬舎文庫)

ホテル・アイリス (幻冬舎文庫)

 

翻訳者と髪の毛が綺麗な女子のSMっぽいお話。

知ったきっかけは銀座にあったBarで品の良いご婦人から教えてもらったからというもの。

その経緯を書いてこの本に挟んだところ、たしか友人が貰ってくれたはず。

 

当時は本を読む脳みそが帰ってきたり来なかったりだったけど、今やったら超楽しいのでは?と思うなどしました。