衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

教えてロゴーン

文体診断ロゴーンにここ最近のブログ記事を突っ込んで診断を出している。

文章を入れると自分の文体と似ている作家と読みやすさなどを診断してくれるというもので、なかなか楽しい。

似ている作家は安定しないけど、坂口安吾宮沢賢治井上ひさしがよくでている。文章自体は一文が長く、やわらかい文章で、表現が豊かで個性的という評価で安定している。表現豊かで個性的というのはちょっと嬉しいな。味気ない文章は嫌いだし、かといってくどけりゃいいってもんじゃない。

 

ちなみに森鴎外芥川龍之介に似ていて、文章も読みやすく、硬さも適切、表現力豊かで個性的と評されたブログ記事はこれでした。

 

hikimusubi.hatenablog.com

 

診断基準がよくわからないや…。

昔、森見登美彦調に文章を書いて遊んでいた時の文章を引っ張り出して診断したら坂口安吾に似ていると診断が出ました。

そうなの?

ちなみに坂口安吾と私に何か共通点があるとすれば「田舎に文化はない」と云ったことでしょうか。実の母に「田舎に文化はない」と云って出て行って10年以上経ちますが、田舎に住んでいたら、楽しいことなんて何もなくて30代を迎えずに死んでいたと思うんで、これでよかったのんですよ。