衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

楽しい読書のために

この作家も好きならあの作家も好きだろうリストがTwitterで流れてきた。

焼き払ってもまだ足りないぐらいに本はあるので、好きな作家がいないのは特に気にしない。

でも、平山夢明はないのか、そうか…となったので、平山夢明から色々書いてみます。

 

平山夢明が好きならばこの作家も好きだと思…読んでいると思うんですけど、どうでしょうかリスト。

 

春日武彦 

鬱屈精神科医、お祓いを試みる

鬱屈精神科医、お祓いを試みる

 
「狂い」の構造 (扶桑社新書)

「狂い」の構造 (扶桑社新書)

 
サイコパス解剖学

サイコパス解剖学

 

この通り、共同で本も出していて安心!そして不謹慎だけどご本人は大変常識人なので、安心して読めます。

春日武彦は作中で「こんな本があって…」という話もするので、読書の幅が広がります。

 

 

柳下毅一郎

殺人マニア宣言 (ちくま文庫)

殺人マニア宣言 (ちくま文庫)

 
異形の愛

異形の愛

 

 殺人マニア繋がり!

そして特殊翻訳家なので、アクの強い小説も翻訳されています。

映画コラムも超楽しい。

 

 

ジャック・ケッチャム

ザ・ウーマン (扶桑社ミステリー)

ザ・ウーマン (扶桑社ミステリー)

 

アメリカの猟奇殺人事件をモチーフにえぐいことをやってくれるとしたらこの人!

最近、お亡くなりになりましたが、本を読めばいつでもケッチャムのえぐみを感じられるので、まだまだ楽しい読書がはかどります。

 

 

深町秋生

デッドクルージング (宝島社文庫)

デッドクルージング (宝島社文庫)

 

モチーフが近いのだけど、平山夢明よりはちょっと衛生的な感じ。

刑事物のシリーズは未読。

 

…こんな感じです。