衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

普段目にしないものを見せてくれる『Satellite of LOVE』『着倒れ方丈記』

都築響一さんの本を読むとなんだか元気になるので、読みました。

Satellite of LOVE―ラブホテル・消えゆく愛の空間学 (ストリートデザインファイル)

Satellite of LOVE―ラブホテル・消えゆく愛の空間学 (ストリートデザインファイル)

 

こちらはラブホテルの内装写真集。

滑り台がある、回転ベッドがある、SMプレイルームがある、遊郭風になっている…など盛りだくさん。

SMプレイルームに道具が充実、手ぶらでも安心とあり、くすっと笑ってしまうなど。

こういう言葉のセンス、すきー。

 

着倒れ方丈記 HAPPY VICTIMS
 

1つの洋服ブランドのコレクターの方たちのコレクションとその部屋を紹介した写真集。

私も知っているブランドがいくつかあって、ジェーン・マープルのコレクターさん、BABYの店員さんの部屋にそれぞれ人形がいたのに気が付いて「やっぱり親和性あるよね~」と思うなど。

冒頭の文章でこの企画にブランドは協力しないどころか、文句を云うし抗議もあったという記述があった。ファッション・ビジネスの世界は「顧客を恥ずかしがり、自分たちが作る幻想の世界を大切にしようとする」のだけど、顧客を恥ずかしがる商売が上手くいくんだろうか?…今のファッション業界、あんまりうまくいっていないよね?と思うなど。