衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

読み手は一人といえども『小鳥たち』

最近、パラボリカのメルマガで知ったので読みました。

小鳥たち (新潮文庫)

小鳥たち (新潮文庫)

 

読了。

老人コレクターのために匿名で描かれた官能短編小説集。

露出(「小鳥たち」)、処刑を観ながらの青姦(「砂丘の女」)、処女(「モデル」)、絵に興奮する(「マハ」)、複数プレイ(「リナ」「シロッコ」)などの内容が連なるも意外に重くない。

女性が書くちょっとエロくてでもオシャレなんです!というものの系譜を観た気持ちになる。ただ、依頼されて書いたので、そういう評価は違うだろうけど。

 

この作品以前の、自分のために詩を書いていた頃のアナイス・ニンを私は知らないが、読み手というのを意識しているからか、話は悪いとは思わなかった。

読み手を意識しない自分だけが面白いもので他人が読んでも面白いのは奇跡に等しいものだと思っているので、案外こういうのは作家の経験として悪いものでもなかったんじゃないの?と適当なことを考えていた。なにせ、報酬はあったんだし。