衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

シリアルキラーの話をしようぜ!『殺人マニア宣言』

時々血に飢えたかの如く物騒な本を読みだすのって、いつになったら治るんでしょうか…。 

殺人マニア宣言 (ちくま文庫)

殺人マニア宣言 (ちくま文庫)

 

読了。

欧米のシリアルキラーに関する本。

殺人鬼ゆかりの土地(エド・ゲインの墓やリジー・ボーデンの館など)へ行ったり、犯罪博物館のレポート、殺人鬼に関するコラムなど。元々語り口が好きな著者なので、かなり楽しみました。もとは99年発行ですが、知らない殺人鬼も多くて、こんな事件があったか~と発見もあり。

対談では如何にして殺人マニアになったのかという話もありますが、知らない話題が多いものの、法学から殺人マニアへ、『サイコ』の元ネタの1つのエド・ゲインを調べるうちに…と人様の事情を知るのもまた楽しいです。

 

ちなみに私は母が犯罪小説が好きなのと、毎週2回はテレビで殺人鬼の話題を観るのを楽しみに生きていたからこうなりました。前者はともかく、後者の人間は同年代で多いと思うぞ、本当に。