私が絵本の世界を離れても『かこさとしのひみつ展』

かこさとしのひみつ展に行ってきました。

会場の川崎市市民ミュージアム武蔵小杉駅からバスで行ったのですが、乗り換え案内がやたら徒歩を推してくる…暑い中、歩きたくないよ!

f:id:hikimusubi:20180801134107j:plain

武蔵小杉駅にあったポスター。

 

展示は子どものために描かれた色彩豊かな絵本の原画たちやかこさとしの私物など。

私が親しんだ絵本もあって懐かしいし、今見ても可愛い。

かこさとしの所有だったロシア(当時はソビエト)の絵本が飾られていたのだけど、配色をかなり参考にしたとのこと。だから、かこさとしの絵本は色彩が優しくも豊かなのか!とこの歳にして知りました。

そして大人になった今はかこさとしの活動…戦後、自身の考えの誤りを認め、子供のために生きるという生き方を尊敬したり、お友達を羨ましがったり、姿が違う子供とも仲良くやったりするだるまちゃんは可愛い子どもなんだなーと思ったり。

 

f:id:hikimusubi:20180801134609j:plain

撮影可だったリアルだるまちゃん。

だるまちゃんシリーズは今年の初めまで行われていたので、だるまちゃんにお友達が増えていました。

私が絵本の世界を離れても、だるまちゃんはお友達と楽しく暮らしていたんですね、と感慨深かったです。

 

www.kawasaki-museum.jp

~9/9まで。

ドキュメンタリー映像もあるので、時間に余裕を持っておくといい感じです。

あと、8/4~ロシア革命とグラフィック表現の展示もあるので、好きな人はもっと時間に余裕を持つとよさそうです。