地獄に戻らぬために辺獄で生きる『ベアゲルター』4巻

本当に漫画の発売日に疎くなったけど、逆に考えると見つけたときに喜びがありますね。 

ベアゲルター(4) (シリウスKC)

ベアゲルター(4) (シリウスKC)

 

そんなわけで4巻出ていた!

連載誌のネメシスを購入するのをやめてしまったので、久々のベアゲルター。

チャイナドレスの用心棒:睫毛の過去が明かされる巻でもあるのですが、「やっぱりこの人は沙村広明だ!」となるほどにえぐい(褒めています)。

過去に「また農村に戻りたい?」と云われていたので、うっすら想像はついていたけど、それ以上にやってくれたぜ!

この巻に限らず人体に欠損を抱える人物がいるのですが、武器にもなる義体を装着、人魚への身体改造を施されているなどグッとくる設定が多く自分がいつまでたっても「そういったもの」が好きなのを感じます。

 

なんとなく謎が解明されつつあって、そんなにダレずに完結するのかな?と思っています。