衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

Nくんがいたあの頃:シアターNでの思い出

立派な上司にはなれないけど、ピンチの時に駆け付けられるぐらいには何とかしたいと思っている。

それは映画『メタルヘッド』のヘッシャーみたいなのがいいな。本当にピンチの時しか駆け付けないけど…と思い、『メタルヘッド』の予告を観ていたら、公開された映画館がシアターN

映画館擬人化遊びがあったときにシアターNは黒Tシャツで映画秘宝が愛読書の映画オタク男子だよね~で全員一致したものですが、そこからさらに派生して友人たちとシアターNのことをNくんと呼ぶようになりました。黒Tシャツで映画オタクでもさっとしている優しい男子、そんなイメージでした。

 

そんなわけでシアターNで観た映画の思い出。

 

ホーボー・ウィズ・ショットガン [Blu-ray]

ホーボー・ウィズ・ショットガン [Blu-ray]

 

流れ者が腐った街のボスにショットガンで挑むアクションスプラッタ映画

ショットガンだけだとダレるところを敵側も殺戮祭りにした結果、大出血サービス映画になりました。

殺戮ばかりじゃなくてホーボーのセリフもまた良い感じでした。

 

処刑山 デッドスノウ [DVD]

処刑山 デッドスノウ [DVD]

 

雪山に行ったらナチスのゾンビに襲われちゃったよ!というゾンビ映画

ゾンビ映画好きが作ったのか黒いユーモアあふれる映画でした。

ちなみにこれは人様と一緒に見に行きました。珍しく誘われたもので。

その割にはいつもタイトルを忘れます。

 

ジャーロ [DVD]

ジャーロ [DVD]

 

ダリオ・アルジェント監督作品。

日本人の描写が上手くなっているけど、やはりどこかおかしい。殺される直前にそれは難しいかな…と思うなどしましたが、映画館ではちょっと笑いが起こっていました。映画館だと他人の反応も少し感じられるのですが、それが好きな時と厭な時があるので、難しいですね。

 

…こんな映画ばかり上映している映画館だったのですが、こんな映画ばかり好きな男性とは結局お付き合いがなかったです。

とはいえ、恋人はカンフー映画を中心としたアクション映画が好きなので、映画秘宝男子要素はあるので、当たらずも遠からず…という感じでしょうか。