衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

多様性と尊重とドラマ『弟の夫』

なかなかゆっくりする時間が取れなかったのですが、ドラマ『弟の夫』の2話と3話を観ました。全3話なので、これで最終回です。

主人公が「娘の叔父で弟の夫です」と言い切るシーンも含め、全編に渡って丁寧に静かに作られていて原作を尊重してくれたんだなぁ…と思いました。

もともとの原作通りの、それぞれの考え方にNoを突き付けるわけではなく「そういうのもあるよね」という寛容で優しいドラマでした。

主人公家族が住んでいるのが唐木田だったり、お墓参りのシーンが江ノ電沿線だったりで漫画では小田急沿いだと思っていたところが具体的な地名が出てくるとより現実味が増しますし、身近な感じもしますね。

 

ドラマ版独自の終わり方も原作好きからするとそれも終わり方としていいよね、と思いました。

 

 

弟の夫 : 3 (アクションコミックス)
 

 

弟の夫 : 4 (アクションコミックス)
 

原作好きだから、本当に丁寧に作ってもらったドラマが観られて本当に良かった。