衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

一人暮らしの思い出

 一人暮らしを始めたのが19歳の年から。

1Kの畳部屋で何もかも狭くてびっくりしたけど、それでも一人で暮らせるのはうれしかったです。

そんなに友達もいないですし、ブリーフ&トランクスの一人きりっていいよね!を地で行く生活でしたが、実家にいた頃よりも心身ともに気楽で、戻りたいなんて思いませんでした。

唯一、風邪ひいたときは毎回「私の命はこれまでか…」と絶望しましたが。

 

一番好きだったのは2度目に住んだ1DKの部屋で、ダイニングに洗濯物を干せるのが助かりました。

この頃から部屋のものはできるだけ少ない、シンプルやミニマルな生活を参考にしていました。物が少ないと掃除が楽だし、虫が出てもすぐ殺せてとてもよかった…。

 

一人暮らしで役に立ったものでも↓

 

ダイニングにこれを置いて部屋干ししていました。

女子の一人暮らしの基本は部屋干しだと思っています。

 

 

隣が雑木林で、黒い虫が良く出ましたが、これを置いたら出てこなくなった!

以来、信頼しています。