衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

生まれる時代を間違えたわけではない『モダンガール論』

「女学生とかモダンガールとかああいうのは特権階級のもので、昭和初期に生まれ変わったところでなれやしない」という前提が私にはある。

昔の華やかな文化について思うと、それらを今、楽しめるのは当時の人間ではないからだと暗い影が落ちる事もあります。

 

ちなみにその思想を私の植え付けた本がこちら。

 

モダンガール論 (文春文庫)

モダンガール論 (文春文庫)

 

モダンガールになれる可能性の低さをやたら強調してくれています。

実際、私の母方の家系は祖母の娘時代に一回傾いてしまったので祖母の兄弟間で教育格差があるため、納得がいきます。

…ちょっと昔の文化が好きだからって生まれる時代を間違えたなんて気軽に云わないようにしたいです。