服との兼ね合い

楽しみなお出かけでも通勤でも、お気に入りの服を着て毎日出かけられるのだけど、お気に入りが少なすぎる。

毎日洗濯をすれば着回していけるけど、お気に入りの服の寿命が縮まっていくのは問題である。

セールであるという事にかこつけて、服を買ってきたのだけど、ロリィタブランドではない服で1万円以上使うのはたぶん初めて。

スカートは広がっていないといやだし、蹴回しは多いほうがいいし、布の量は多いほうがいい(だいたいすべて同じようなことを書きました)。

ロリィタブランドではないブランドで、セーラーカラーの服の購入を躊躇していたのですが、エクサントリーク(クラシカル寄り服を出していたコルセットブランド)のセーラーカラーの画像がTwitterで流れたのを確認したのちに見直したら「やっぱり私が好きなのはロリィタブランドのセーラーカラーです。あと体のラインも綺麗に見えるほうがいいです」ってなった。エクサントリークのセーラーカラーのワンピースはピンタックが入っていて、そうではないものはピンタックが入っていないのでラインがそれほど好みではなかった。

 

そんなロリィタブランドじゃないと厭ぁ…になりつつも、買ってきた服は普通のワンピース、特に問題点はなく、早速着てみたのだけど、私には大きいものの着やすくてよい感じではあった。「なんで私がこんな服を着なくちゃいけないのか」という不満はさほどない。むしろ普通の服にしては合格点だと思うが、服の好みと生活が成り立つ服を着る生活の良い落としどころはまだ見つからない。

どうしたものかね。