華麗なる映画

今年もよろしくお願いいたします。

年越しは家で紅茶とカステラを頂きながら映画を観ていたら「あ、日付変わっていた」といういい加減なものです。幸せなことをしているうちに時が経つようなそんな1年だといいな。

 

美女と野獣 (吹替版)

美女と野獣 (吹替版)

 

年越しはこの映画でした。

アニメ版を意識すると同時に、現代における多様性も意識したんだなーと思うなど。

厳密な時代考証を要する作品ではないのでいいんじゃないかな~と思います。

城の皆の衣装はロココ調ですが、ベルの衣装だけモダンだしね。

…固い話から入ってしまいましたが、ベルと野獣が共通の趣味で惹かれて急にデレるので妙に可愛い。人物ではル・フウのコミカルさが好きです。吹替で観たのですがエンドロールをみて「藤井隆か!?」となりました。

細かすぎて伝わらないところでは、お城での乱闘のシーンで箪笥によってずっこけ3人組が女装させられてしまうシーンで3人中2名が「ぎゃー!」となる中、1名だけ笑顔になるというのが好きでした。

 

 

華麗なるギャツビー [Blu-ray]

華麗なるギャツビー [Blu-ray]

 

週末お城でパーリー!その主催者のギャツビー氏について。

お城!モダンな装いいっぱい!でも妙にチープでキュートな部屋も出てくるので飽きない画面。パーティーのシーンが現代チックになっていて、パーリーピーポーってこういうのか~と思うなど。

過去を語る形式で進むのですが、トビー・マグワイア演じるニック・キャラウェイがレオナルド・ディカプリオ演じるギャツビーの申し出を善意で引き受けたときに二人の友情は成立したんだなと思うなど。

今回知った女優さんではキャリー・マリガンが良かったです。

アールデコでもちょっとクラシカルでもキャリー・マリガンは可愛い。

 

…年始から華やかな映画を観たので、今年もいいことあるといいな!