衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

周囲は不幸『甘い蜜の部屋』

仕事の事…というより職場の人の事で怒りのデス出勤をした日だった。

向こうの云い分はわからなくはないけど、こっちはいい迷惑である。

hikimusubi.hatenablog.com

↑この話に出てきた人です。

その後、さんざん迷惑をかけられた挙句に今日のトラブルです。

私はなんでキラークイーンを出せないんだよ!吉良吉影じゃないからだよ!

静かな暮らしを乱され、立腹しつつ仕事を片しました。

私の苦しみに救済ってあるのかしらね。

トラブルを起こした本人は何も悪いことをしたとも思っていないし、私が酷い目に遭っているなんて思いもよらないのがまた腹立たしい。

 

 

甘い蜜の部屋 (ちくま文庫)

甘い蜜の部屋 (ちくま文庫)

 

私に迷惑をかけ続ける人は藻羅みたいな人だと思った。つかみどころがなくて、こっちが酷い目に遭っているのにへらへら笑っているようなそんな存在。作中でもそういう描写があるけど、主人公の藻羅のことがすごくヤな女だなって思ったし(森茉莉自体は意地悪バァさんだな~と思います)、森茉莉ナルシシズムファザコンしか見えなくて、読んでいて正直無理でした。