奴婢訓を見に行くために

ameblo.jp

ヴィジュアルが宇野亞喜良ときいてずっと気になっていたプロジェクトニクス版の奴婢訓が解禁になっていました。

これはいかねば。

 

 

奴婢訓 (岩波文庫)

奴婢訓 (岩波文庫)

 

そして読んでおきました。

寺山修司の方を読むのが正しかったのかな。

召使いのための処世術や心得…と見せ掛けて実行したらいかん内容の本。不衛生な内容が多いけど、不衛生だった頃の時代の本だから仕方が無い。表題作とは別に貧家に子供を産ませてそれを食料にするというカニバリズム溢れる話があった。身分の差は人間であるか否かの差でもあったのね。