猟奇の時効:サルベージしたい編

一番好きな漫画家は大越孝太郎です。

 

大越孝太郎の作品に出会った時は私はまだ田舎に住まう女子高生で、今はなくなってしまった本屋の青林堂の本を扱うコーナーの一角で『不思議庭園の魔物』(これは河出書房新社が出した)を手に取った事がきっかけ。

元々人形好きだった私が「人形姫」と題されたお話に衝撃を受けて10数年の今、人形と暮らしているので、この人によって私の運命はある意味固定されたといっても過言ではないそんな気がしています。

 

現在は講談社の「ネメシス」に「ゾーラ」を不定期連載しているというのが公式情報で音沙汰がないので、たまにTwitterで検索をかけてみるものの必要な情報にあたることがないのですが、先日惰性のようにサーチをかけていたら、面白い指摘があった。

 

「猟奇刑事マルサイには未収録作品があるけど指摘している人がいない」

 

そうだよ、あるんですよ。

猟奇刑事マルサイが発売されたときに、それに伴ってタコシェでサイン会と原画展、その後まんだらけの町田でも展示が行われたのですが、出てくる、出てくる、未収録の数々。

寡作の人である故、そういうのがあるとは知っていたけど、これはどうにかならないのか…と思うほどにありました。

 

縁あって、大越さんご本人、編集者、デザイナーの方とご同席する機会がありましたが編集者とデザイナー、あと私の熱に対して、大越さんはニコニコしつつも控えめな印象。

この場で伺ったのは当時(もう10年前ですね)、人気だったタレントさんのそっくりさんを出した回がマルサイには存在し、それが編集部の満場一致で収録しない旨が決定されたとのこと。…今なら出せるんじゃないかしら?

 

出せるんじゃないかしら?と云うだけただとはいえ、責任はないし、出るわけでもないので、近々国会図書館に行ってサルベージしてこようと思います。

たぶん、面倒くさがって他人はサルベージに行ってわざわざ何かしてくれることはないですし、やってくれたらうれしいのでここに書き残しておきます。

 

 

フィギッシュ

フィギッシュ

 

猟奇刑事マルサイの初出はこちら!

肝心の猟奇刑事マルサイの単行本はAmazonで扱っていないですね…東京都の不健全図書になっていますしね、マルサイ。