変えられぬものに暗い影『忍ぶ川』

東京の東側は川が氾濫したら沈むんだよなぁ…と思いながらの川のそば。

 

そして思い出したのはこの本。

忍ぶ川 (新潮文庫)

忍ぶ川 (新潮文庫)

 

短編集。表題作は血縁や生まれに暗いものがある男女の純愛を描いた小説。

北関東、東北という土地から上京している設定だからなのか貧しさが妙に合うのと、貧しい中の恋愛というのもまた小説としては悪くないな、と思うなど。小説だからそういう事言っていられるんですけどね。