蔵書する贅沢

ギンザ・グラフィックギャラリーで「組版造形 白井敬尚」鑑賞。

 

宇野亞喜良の絵を使った本もいくつかありました。 矢川澄子『不滅の少女』の挿絵:宇野亞喜良は初めて見ました。これを収録したイヴ叢書は知らなかった。 

 

 

本の展示だったわけですが、どの本も所有出来たら楽しいだろうと思うと同時に、私はもう本を所有するのは贅沢だなと思うようになっているのに気が付くなど。

引っ越しを意識しているからか、あまり物を増やしたいと思わなくなりました。

昔だったら意地でも探したような情熱がなく、気になった本はどこかで閲覧できたらいいなーと思いながら銀座を後にしました。

 

そんな日でした。