優雅に気後れする私

明日はハロウィンパーティーなのに、何もしていなくて自分でもびっくりしている。
気掛かりな事が多くて手がつかなかったのだけど、手がつかないなりにウィッグをカットして被ったら本当に似合わなくてこれまたびっくりして捨てた。
物を捨てるのに成功はしているけど、めかし込む生活とは相反しつつあって、でもめかし込む日々は減って、私の楽しみはいずこ?…となりつつある。

特に目的は無いが強いて云うなら醜形恐怖と覚しきものを克服するためのマイペースなダイエットに成功して自分比で綺麗になったのに手持ちの可愛いと思って買った服が殆ど似合わなくなったことから始まって着るものに困っているのですが、物が少ない方がいいといえ、味気ない服を着る事に関しては「なんで私がこんな服を着なくちゃいけないんです?」となるので、好きなものに関しては変わっていないようです。