衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

雑記

可愛いコがやってきた。

映画『メアリーの総て』、特典目当てで前売りを買ったわけですが、無事に本日届きました。 申し訳程度の薄いノートですが、おまけだからいいんだ! 宇野亞喜良によるメアリー、可愛い! あと、この絵を参考にうちのりーぬにワンピースを作ってあげたいです。

たどり着けない

今日は人形の日なのだから、なにがしか人形の写真をアップすればよかったのですが、特に何もありません。 そして、ネットで人形の日について調べようにもだいたい書いてあることは一緒でした。 日本人形協会と日本玩具及び人形連盟が1965(昭和40)年に制定し…

単語が出てこない

私の家の近くにイタリアンを出すカフェがありまして…近所の食べ物屋はだいたい内装にあんまりこだわらないのですが、この辺では珍しい小ぎれいな内装なのでちょっと珍しい存在です。 そのイタリアンの前を通ったら、向こうから来た親子のうち男児が「ここの…

笑顔が素敵なあなたから買いたい

秋葉原駅で下車したら、甘いものが食べたくなったので、アイスシュークリーム屋で買い物。 秋葉原駅の利用者ならご存知かもしれないけれども、ここは店員さんが耳が聞こえないと注意書きがある。 へー、そっかーと思って普通に買い物をしたら、店員さんがと…

クソみてぇな現実でも生きてやる『完璧じゃない、あたしたち』

読書の秋じゃなくてもせっせと本を読みますよ。 完璧じゃない、あたしたち 作者: 王谷晶 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2018/01/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る 読了。 ジャンルとしてはSF,ファンタジーありだけど基本は女子と…

作風の事『ペルシャ猫を誰も知らない』『きりのなかのはりねずみ』

美術系専門学校の先生をしていた友人のアシスタントをしに行った時に聞いた話で「作品に関しては日本の学生も留学生も表現、作風に差はあまり感じられない」というもの。 多くの人が面白いと思う出来なのか、それとも世界が同じようなものを面白いと思うのか…

家に帰ると好きな者たちがいる

「明るい地上にはあなたの姿が見える」という明るいタイトルを見た瞬間に「棺桶に片足を突っ込んでいるお前の姿が見える」というタイトルを思い出したので、もうダメ。 前者は展示タイトルで、後者は殺害塩化ビニールから発売されたCDのタイトルです。 今日…

幸せな土曜日

同居している恋人と珍しく休みがあったので、 「今日はどこか行く予定ある?」と聞いたところ、 「H&Mにモリスコラボの服を観に行く」と返事。 どこのにいくんだ、新宿?だったら私もあれこれ見たいし、互いの行きつけに行きたい!とワーワーピーピー騒いで…

料理名が覚えられないあなた

煮込み料理は作るのが楽、そして肉も入っているので恋人がよく食べてくれる…という理由で冬場はチリコンカンをよく作る。 白モツが手に入ったので、「チリコンカンを作るよ」と恋人に云ったら「なに、そのトンチンカンみたいなの」と返された。

田舎の刺繍の文化

ネット上の気になる記事。 www.ssense.com ヤンキーの卒ラン(卒業式の時に着る刺繍を施したり丈を詰めたりした学ラン)についての取材記事。 暴走族の人たちが撮影・取材の人たちに気を使うエピソードなども出てきます。 卒ラン文化のあるという土地の一覧…

紅茶が飲みたい

同居人している恋人が飽きて飲まずに賞味期限が過ぎてしまった紅茶の茶葉を私が全部飲み切ったのでやっとおいしい紅茶ばかり飲めるようになりました。 我が家の紅茶のスターティングメンバーを聞かれていないのに紹介します。 www.kusmitea.jp 恋人のお気に…

時々見つけられたい

ブログやサイトができても、それは宇宙に星が一つ誕生したようなものだから…とは大越孝太郎のサイトで見掛けた言葉だったかしら。見付けて貰うには宣伝しないとダメなのよな。 このブログに関しては、軸になっている人形と読書のグループに入っているのでそ…

自己文章愛の遍歴

ブログを書くのは数えたら10年以上続いた趣味になっていました。 途中で書かなくなった時期もありますが、完全に辞めずに復活しているあたりは続いているといえるんじゃないでしょうか。 過去のブログと傾向を自分用にメモしておきます。 「Eccentric Gorey…

自分になるためにメイクを習う

メイクレッスンを受けてきました。 受けてきたのはドラァグクイーンのスカーレットさんによるメイクレッスンです。 t.co 過去に某大手化粧品メーカーのメイクレッスンを受けようか迷いましたが綺麗めOLでいる必要がないので、自分がアガるメイクを教わってき…

ミンチにしてくれる!

鶏むね肉をひき肉にしてつくねを作りました。 鶏むね肉1枚を一口大に切って、フードプロセッサーに突っ込んでひき肉を作るのですが、肉の動きがストップモーションアニメみたいになるので、超楽しいです。 片づけはそこそこ面倒ですけど、単価は安いのと生姜…

虚構ばかりではよくないから『星の王子さま』

「星の王子さま」観劇。寺山修司の舞台です。 歌も踊りもあって、人形劇もあって、盛りだくさん!やっぱり私が好きなものは大体この辺!そして満たされる! 寺山修司の影響下のものに触れてきたり、宇野亞喜良が好きだったりするのでみていると「懐かしい」…

紅茶が美味しくなってきました。

今度は酷く寒い。 寒いほうが紅茶が美味しいので暑くないほうがいいですが、急に冷えると体調が心配です。 銀座ウエストのモザイクケーキ。 家でお茶をする用のお菓子を買って帰るときは脳内麻薬がドバドバ出ているんじゃないかというほど幸せな気持ちになり…

途中採点

昔、あの時仲良かった皆はどうしているのだろうね?と考えてみる。 喧嘩をしたわけでもなく、なんとなく疎遠になることもあるのが人生だとやっとわかってきたので、どうなっているかに関しては知りようがない人も多いのだけど、「あの人はこの本を薦めてくれ…

あの日、鳩と。

皮革造形作家:三上鳩広さんの主催のチーズパーティに行ってきました。 作家本人がチーズを切って盛り付けしたそうです。 鳩広さんとは1年ぶりにお会いしましたが、元気そうで何より。 交流があったのが遠い昔みたいになっていましたが、普通に会話ができて…

日傘が欲しかった

日差しが弱くなったこのタイミングで欲しかった日傘が入荷されたので、この機を逃すな!とばかりに購入した。 欲しくないものを無理して買わないので、夏は日傘無しで過ごしていた。 気に入った日傘が手に入らないという理由で大変意固地になっていたものだ…

肉のハナシサ

TLに流れてきた「人間嫌いは美味しい人間を食べたことがないから」というpostにカニバリズム殺人鬼の名前がどれほど吊りさがっているか見に行ったら全く挙がっていなくて、残念な気持ちになった。 後で見に行ったら、ハンニバル・レクターとパリ人肉事件のあ…

よく見よう。

帰り道の事。 黒くてピカピカ光る目玉が4つほどあって足が沢山ある生き物を紐で繋いで散歩している人を見掛けた。 「この辺では名状しがたきものを紐で繋いで散歩させているのか!東京、狂った町すぎるだろ!」と思ったら、光る首輪を付けた犬二匹だった。 …

腑抜けた所に肉を詰めて

他人のスケジュールの調整がなっていなくて締め切りがやたら早い仕事を家でこなすべくQP-CRAZYを掛けて悪態をつきながら仕事をしていました。 QP-CRAZYは日本の大変過激なパンクバンドでボーカルのクレイジーSKBが休養につき現在はお休み中。 ライブも行った…

教えてロゴーン

文体診断ロゴーンにここ最近のブログ記事を突っ込んで診断を出している。 文章を入れると自分の文体と似ている作家と読みやすさなどを診断してくれるというもので、なかなか楽しい。 似ている作家は安定しないけど、坂口安吾、宮沢賢治、井上ひさしがよくで…

敵わぬも挑む食べ物

アメリカの食べ物が何でもデカいのに対して「そりゃ戦争に負けるわ」と思った話を聞いたことがありますが、私はまさにスパムを缶から出したときにそんなことを思いました。 スパム。 缶詰にされた肉はたまに食べたくなるのですが、減塩のものを使ってもしょ…

誰でもよくないに至るまで

「あなたがわざわざやらなくても、他に似たような、それでいて上手い作家なんているでしょう?」から「あなたじゃなくちゃダメなんです。あなたが作るものが好きなんです」に成長するまでは時間がかかると思っている。 これは画廊である作家の作品があか抜け…

服はあきらめなくてもいいものの…

「ナースに釣られて集まる男も下衆だが、なんの断りもせず相手が嫌がるとわかってる服装して、相手を試すって行為も十分下衆だろ」とは、先日の某記事に対する友人の言葉。 服だから「なんで許可を取らなくちゃいけないのか」というのもあるけれども、ちょっ…

好きな服はあきらめなくてもいい

好きなものを辞めてまで恋愛したいかとおもったら、好きなものを辞めてまで恋愛したくない側の人間だったのだけど、こうした言葉に救われた人もいそうだなと思うなど。 好きなものに関して悪く言われた経験は多いからか、現在のパートナーが好きなものに関し…

架空のママさん

読書メーターを開いていたら、自己肯定の低さに悩んでいる方がいたので、私なりのやり方を書き込んでみるなど。 「自分で自分を褒めるのが難しい時は脳内に自分を肯定する人物を作るのが良いです。 執事でも、明るい中年女性でも、ゲイバーのママさんでもな…

再会。

7年ほど前に縁あっておばけ屋敷に飾られる人形たちの着物を縫ったのですが、ようやく彼女たちの働いている姿を見ることができました。 元気に職務を全うしているようで、思わず「元気だった?」と話しかけてしまったのですが、完全におばけ屋敷に不適切な客…