読書

Anotherと人形

Abema TVでAnotherが放送されていました。2012年放送のアニメなんで、もう5年も前の作品なんですね。 Another (アナザー) コンプリート (全12話+OVA第0話収録) DVD-BOX [DVD] [Import] [PAL] メディア: DVD この商品を含むブログを見る Another(上)…

学ぼう!クマの恐怖

news.livedoor.com こうしたニュースを観るたびに「おっかあが少しになるぞ!」「そのクマどけても助からんぞ!」と思う。 羆嵐 (新潮文庫) 作者: 吉村昭 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1982/11/29 メディア: 文庫 購入: 59人 クリック: 545回 この商品を…

空間は有限、だから片付ける。

引っ越しをするので、家のものを減らしにかかっています。 元々、片付け本は好きで、いろいろ実践してそこそこを保っているのでまぁまぁかと思いますが、今の家に引っ越すときに物が多くて嫌になったので、よりスムーズに引っ越しできないか考え中です。 ト…

挿絵と任侠で知ることを試みた

「聖書の勉強をしませんか?」という誘いは断ったほうがいいと教えられてここまで生きましたが、最近、聖書やキリスト教についての本を読んだのでそのことを。 物語と挿絵で楽しむ 聖書 作者: 古川順弘,宇野亞喜良 出版社/メーカー: ナツメ社 発売日: 2016/0…

フィリップ・K・ディック酒場に行ってきた

hikimusubi.hatenablog.com 行きたいと云っていたフィリップ・K・ディック酒場(以下PKD酒場)に行ってきました。 小川町から歩いたら迷子になったけど、無事たどり着いたよPKD酒場! 看板もあって目立つぜ、PKD酒場! 中に入ると各国の『アンドロイドは電気…

2011年に見た電気羊の夢

www.hayakawa-online.co.jp これ、行きたいです。 が、ちゃんと読んだのって『アンドロイドは電気羊の夢をみるか?』だけなのですが、大丈夫かしら?デッカ丼、気になります。 『ブレードランナー』は実家にいたころに見たのですが、我が母が 「レプリカント…

文豪ス…を知らない私が平山夢明の技を考えてみた

昨日の続き。 文豪ストレイドッグスを知らないけれども、文豪ストレイドッグスに平山夢明が出た場合の技を考えてみました。 文豪ストレイドックは ・文豪と同じ名前の人物が ・その文豪の作品と同じ名前の能力を持っている と認識しておりますので、「ぼくが…

非実在の澁澤龍彦

文豪ストレイドッグスの新キャラが澁澤龍彦とのことでイラストがタイムラインに流れてきました。 澁澤龍彦のキャラクター化を観たときに思ったことは「根っからの戦艦好きが艦これに対してもこういうこと思ったのかな…」でした。 矢矧の乗組員だった人が艦こ…

歳を重ねてまた美人『赤い口紅があればいい』

赤い口紅があればいい いつでもいちばん美人に見えるテクニック 作者: 野宮真貴 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2016/09/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 読了。 表情と姿勢と清潔感が大事という基本的なことから歳をとってから似…

お祓いと幸福『鬱屈精神科医、お祓いを試みる』

鬱屈精神科医、お祓いを試みる 作者: 春日武彦 出版社/メーカー: 太田出版 発売日: 2017/07/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 読了。 住居や生活に関してのエッセイ(著者としては私小説)。 前作が『鬱屈精神科医、占いにすがる』な…

育め!自己肯定

「自分には価値がない」の心理学 (朝日新書) 作者: 根本橘夫 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2016/11/11 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 読了。 無価値感に関する話とそこから抜け出すための訓練の話。 「無価値感の強い人は自分…

母への意趣返し、自己嫌悪と鬱屈

あなたが生きづらいのは「自己嫌悪」のせいである。 他人に支配されず、自由に生きる技術 作者: 安冨歩 出版社/メーカー: 大和出版 発売日: 2016/08/09 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 読了。 自己嫌悪がある故の生き…

縛り読書:物語の中の少女たち

縛り読書…テーマや制限を決めて読書をするという事をしたことがあります。 この文学賞を取った作品を読むとか、新潮文庫の百冊を本当に百冊読むとかそういうのです。こうした縛り読書の辛いところは「自分が嫌いな作品も読まなくちゃいけない」という点。 我…

現時点で好きな文章作家3名

お題「好きな作家」 お題スロット回してみました。 作家というと文章関係の方が思いつくので、文章関係しばりで。

ドノソは読むホドロフスキー

仕事と家との往復になりがちなので、できる限りブログを書くことで正気を保とうとする作戦なのですが、思いのほか朝から晩まで働いていて、そして、すぐ寝るような生活になっている。 休みはあるけど、いたしかたなし。 昨日は疲れているはずなのに、眠れな…

積み重ねる愉しみ

本の奥付を見るのが好きで、初版はいつだとか、何刷だとか、その発行された年から「この初版は私が生まれる何年前だ」「当時私は何歳だ」なんて過去に思いをはせる遊びをする。 私にはmixiでほぼ毎日日記をついていた時期があるので、その時期に限っては何を…