衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

読書

マニアだからなのか満たされにくい

文章よりもモチーフに目が行ってしまって楽しめなかったけど、語りたいから書いた記事です。あんまり褒めていないので、タイトルから書名は抜きました。 新装版 殺戮にいたる病 (講談社文庫) 作者: 我孫子武丸 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/11/10 …

エロく賢く『性的なことば』

読書は興味がある分野だとサクサク読めますね。 性的なことば (講談社現代新書 2034) 作者: 斎藤光,澁谷知美,三橋順子,井上章一 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2010/01/19 メディア: 新書 購入: 5人 クリック: 63回 この商品を含むブログ (19件) を見る …

人の名前

ジョジョ5部、人物名に食べ物を使っているので、「イタリア人からすると人物名がキャベツ太郎とか蒲焼さん太郎みたいな感じ」というのを思い出した。 今日みたジョジョ5部のアニメはソルベとジェラードが見せしめで殺されたエピソードが出てくる回だったので…

妹が語る兄の話『澁澤龍彦の少年世界』

師走なのに読書がはかどるのは、興味のあるものを読むようにしているから。 澁澤龍彦の少年世界 作者: 澁澤幸子 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 1997/04/04 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 読了。 澁澤龍彦の妹である著者:幸子さん…

魂で選ぶ極上『この闇と光』

好きなものから始まる読書は楽しい。 この闇と光 (角川文庫) 作者: 服部まゆみ 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2014/11/21 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 読了。 城に幽閉される盲目のお姫様と城に暮らす王様、時々意地悪な下女の…

あなたばかりではないのだから

友人と本の話をしているときに「澁澤龍彦の文章が上手く入ってこなかった」と云っていたので、その話。 幻想の画廊から―渋澤龍彦コレクション 河出文庫 作者: 渋澤龍彦 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2001/12/01 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック…

職場見学的『荒木飛呂彦の漫画術』

同時進行読書のことが多いので連続で本を読み終えてしまうこともある。 荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書) 作者: 荒木飛呂彦 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2015/04/17 メディア: 新書 この商品を含むブログ (33件) を見る 読了。 荒木飛呂彦流漫画の書き…

イメージとは多少異なります『ハゲとビキニとサンバの国』

暗い本ばかり読んでいたので、並行して明るそうな本も読んでいました。 ハゲとビキニとサンバの国―ブラジル邪推紀行 (新潮新書) 作者: 井上章一 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2010/10/01 メディア: 新書 クリック: 9回 この商品を含むブログ (7件) を見…

私たちは道具です『侍女の物語』『オルガスマシン』

侍女の物語 (ハヤカワepi文庫) 作者: マーガレットアトウッド,Margaret Atwood,斎藤英治 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2001/10/24 メディア: 文庫 クリック: 51回 この商品を含むブログ (42件) を見る 読了。 女性は財産も名前も没収という規則の世界…

私が堕ちずに済んだ地獄『彼女は頭が悪いから』

日本の事件をあまり調べないのは、自分と地続きな気がして怖いから。 彼女は頭が悪いから 作者: 姫野カオルコ 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/07/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 読了。 東大生強制わいせつ事件をモデルに…

遠くの話しかと思ったら近かった『人形の誘惑』

本がはかどると嬉しいですね。 人形の誘惑―招き猫からカーネル・サンダースまで 作者: 井上章一 出版社/メーカー: 三省堂 発売日: 1998/11 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 9回 この商品を含むブログ (14件) を見る 読了。 カーネル・サンダース人形か…

私だけが面白い

本を読んでなんとなく知っていることが増えると突如ユリイカ!…とまではいかないけど、知っていることと知っていることがつながる喜びがある。 漢詩は古典が頭に入っていることが前提で教養高い文字が読み書きできる人の中でしか通じないものだったという話…

学校では教えてくれない詳しい古典『性のタブーのない日本』

楽しい本が読めると嬉しいですね。 性のタブーのない日本 (集英社新書) 作者: 橋本治 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2015/11/17 メディア: 新書 この商品を含むブログ (6件) を見る 読了。 古事記から江戸時代にかけて性の話。 「逢う=セックスだから、…

何某かの傾向はある『美人論』

本を読むのはやっぱり楽しい。好きな語り口の作家が見つかるともっと楽しい。 美人論 (朝日文庫) 作者: 井上章一 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2017/06/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 読了。 明治以降、美人はどのように論じられ…

流行っている、なんだか新しいから食べてみたい『ファッションフード、あります。』

人並みに食べることが好きです。 ファッションフード、あります。 (ちくま文庫) 作者: 畑中三応子 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2018/03/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 読了。 流行った食べ物アレコレ年代順。雑誌の力が強かっ…

その一杯に歴史あり『珈琲の世界史』

読書のペースが落ちていますが、本は読んでいます。 珈琲の世界史 (講談社現代新書) 作者: 旦部幸博 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/10/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (10件) を見る 読了。 タイトル通りコーヒーの世界史の本。 17世紀半ば…

我が国は無茶苦茶であります!『決戦下のユートピア』

決戦下のユートピア 作者: 荒俣宏 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 1996/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 読了。 第二次大戦時の日本の日常についての読み物。 高級生地でモンペ作っちゃったり、鮨は喰えないこともない一方、野菜…

知ってるから言いたくなっちゃう『本が好き、悪口言うのはもっと好き』

読書する楽しみがあるのは私にとって良いことですよ。 本が好き、悪口言うのはもっと好き (ちくま文庫) 作者: 高島俊男 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2018/08/08 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 読了。 タイトルがとてもいいですね…

春望物語

厄年ではあるけれども、酷いことが続く。 厄払いをしたのでこの程度だと思いたい。 今読んでいる本で李白と杜甫の話が出てきた。杜甫の漢詩「春望」は思い出せたものの、「国破れて山河あり」の後に「諸行無常の響あり」と平家物語をくっつけてしまったので…

浄化された過去『京都ぎらい 官能編』

京都ぎらい 官能篇 (朝日新書) 作者: 井上章一 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2017/12/13 メディア: 新書 この商品を含むブログ (6件) を見る 読了。 淫靡さに特化した京都の裏歴史的な本。 女性観光客が増えたから浄化された説、ノーパン喫茶は京…

幸せにしてはくれないが、己を律する『悪の箴言(マクシム)』

好きな作家の本を織り交ぜつつ読書の秋です。 悪の箴言(マクシム) 耳をふさぎたくなる270の言葉 作者: 鹿島茂 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2018/03/02 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 読了。 心に刺さる辛辣な箴言たち…

しくりじり先生『ウルトラマンが泣いている』

読書のペースがやや落ち…仕事にかかわっている時間ばかりではよくないな。 ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社現代新書) 作者: 円谷英明 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/06/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (26件) を見る 読…

金と労働と男と女『うたかたの日々』

最近展示の題材になっていた小説を読みました。 うたかたの日々 (ハヤカワepi文庫) 作者: ボリスヴィアン,Boris Vian,伊東守男 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2002/01/01 メディア: 文庫 購入: 10人 クリック: 215回 この商品を含むブログ (92件) を見…

切腹メッシーフードクラッシュ公威さん

三島由紀夫の切腹写真の血糊はチョコレートを使用しているという話を友人から聞いて以来、このエピソードが好きなのですが、肝心の出典を確認していません。 ソースの確認は大切よねぇ…と思い、Twitterで呟いたところ、お世話になっている方が三島由紀夫好き…

交わらぬ世界の事『あのこは貴族』

今日は本が良く読めた。 あのこは貴族 作者: 山内マリコ 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/11/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る 読了。 東京のお嬢様と田舎出身の才女、この2名の人生は一体どこで交わるのか。 東京対田舎の構図…

洛中洛外冷戦『京都ぎらい』

怨みはないが、ありがたがりすぎるのはどうかと思うんだ。 京都ぎらい (朝日新書) 作者: 井上章一 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2015/09/11 メディア: 新書 この商品を含むブログ (43件) を見る 読了。 京都市の洛外出身の著者による京都論。洛中…

クソみてぇな現実でも生きてやる『完璧じゃない、あたしたち』

読書の秋じゃなくてもせっせと本を読みますよ。 完璧じゃない、あたしたち 作者: 王谷晶 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2018/01/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る 読了。 ジャンルとしてはSF,ファンタジーありだけど基本は女子と…

精神科病院のちょっと事件ありの日常『緘黙』

好きな作家の本を選んで楽しいと嬉しい。 緘黙―五百頭病院特命ファイル (新潮文庫) 作者: 春日武彦 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2012/01/28 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 3回 この商品を含むブログ (3件) を見る 読了。 3人の個性的な精神科医が…

田舎の刺繍の文化

ネット上の気になる記事。 www.ssense.com ヤンキーの卒ラン(卒業式の時に着る刺繍を施したり丈を詰めたりした学ラン)についての取材記事。 暴走族の人たちが撮影・取材の人たちに気を使うエピソードなども出てきます。 卒ラン文化のあるという土地の一覧…

それは本当にいけないのか『性表現規制の文化史』

年中して読書していますが、秋はやっぱり読書です。 性表現規制の文化史 作者: 白田秀彰 出版社/メーカー: 亜紀書房 発売日: 2017/07/20 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (6件) を見る 読了。 「えっちなのはいけないと思います!」…