衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

人形

今日から5年目

りーぬと出会って4年経ちました。 2019年5月撮影。 なかなか服を作ったりなんなりはご無沙汰ですが、ご無沙汰でも変わらずいてくれるのが人形の良いところ。 5年目もよろしくね、という気持ち。

人間と人形の事『人形メディア学講義』

人形について論じた本が楽しいと大当たり!って気持ちです。 人形メディア学講義 作者: 菊地浩平 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2018/09/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 読了。 人形と人形文化について。元は大学の講義。言葉が伝…

人形が生殖と出会う世界『〈妊婦〉アート論』

読みたかった本が読める喜び。 〈妊婦〉アート論 作者: 山崎明子,藤木直実 出版社/メーカー: 青弓社 発売日: 2018/01/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 読了。 妊娠したラブドールの写真から始まる妊娠や妊婦のアートや文芸での扱われ方など…

久々のメディカルフェチ

連休中にトレヴァー・ブラウンの個展に行って限定販売していた画集を買ったので、久々にりーぬにメディカルフェチな格好をさせました。 人形+包帯もトレヴァー・ブラウンの作品でよく出てきますが、今回の画集はレザーやラバーっぽい感じでした。 トレヴァー…

人形と暮らす私が読んでみた『人形遊びの心理臨床』

対象読者ではないけど、人形の取り扱われ方は気になるから。 人形遊びの心理臨床 (箱庭療法学モノグラフ 第7巻) 作者: 菱田一仁 出版社/メーカー: 創元社 発売日: 2017/10/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 読了。 心理臨床の視点からの人形…

写真と実物と

中川多理写真展「貴腐なる少年たちの肖像」に行ってきたときに、りーぬことマルスリーヌの写真を購入しました。 本人と。 やっぱり我が家にいる彼女が大好き。 照明の関係もあるけど、写真の頃とは雰囲気が変わった気がします。 前はもう少し不安げだったの…

人形のための練り切り

遅ればせながらひな祭りのお菓子を開封しました。 大集合。りーぬの顔にピントが合っているの図。 お雛様用の練り切りです。 ガラスの器には小さな練り切り。 ガラスの器には切子細工がされています。 人形町にある「壽堂」のお菓子なのですが、雛祭りの時期…

ひな祭りが出来なかった

ひな祭りだから…と人形たちにお菓子を買いました。 当日に何かしたい!と思って、ささっと撮った写真。 姉と弟に「箱を開けて!」と頼まれて寝起きでやってきたみたいなりーぬです。 夜に開封しようと思ったのですが、今日は一日仕事三昧…一人で映画『300』…

【観たい展示】中川多理写真展「貴腐なる少年たちの肖像」

中川多理さんの写真展が東京であるとのこと。 場所は浅草橋のパラボリカ・ビス。期間は3/2(土)~3/31(日) 営業日は金、土、日のみになっております。 www.yaso-peyotl.com 去年の京都での展示の写真が中心になるのかしら? 人形は写真と実物が結構違う事…

節分、鬼あそび

読書の話題が多くなってきたこのブログですが、お人形ブログを目指していたんですよね…実は。 というわけで、りーぬが久しぶりに登場です。 節分なので、鬼のお面をつけました。 チェーンソーを持たせたので、間違ったなまはげみたいになっています。 最近、…

友情と希望『青い目の人形物語』

人形が題材になっているとつい読んじゃう私。 青い目の人形物語 (1) 平和への願い アメリカ編 作者: シャーリーパレントー,河野万里子 出版社/メーカー: 岩崎書店 発売日: 2015/06/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 青い目の人形物語 (II) 希…

私の人形は素敵な人形『りかさん』

りかさん (新潮文庫) 作者: 梨木香歩 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2003/06/28 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 36回 この商品を含むブログ (134件) を見る 読了。 人と心を通わせる事ができる日本人形「りか」と彼女の新たな持ち主になった少女と周…

服従と抵抗『人形つくり』

久々に掘り出し物を見つけた感。こういう時にいい仕事していますね…と勝手に鑑定団になってします。 人形つくり (ドーキー・アーカイヴ) 作者: サーバン,横山茂雄,若島正,館野浩美 出版社/メーカー: 国書刊行会 発売日: 2016/05/25 メディア: 単行本 この商…

人形たちとクリスマス

クリスマスっぽい写真を撮りました。 あまり人形たちを使って幻想的な何かというよりは、人間と暮らす人形という感じでお送りしております。 りーぬが心なしか不満げなのはブッシュ・ド・ノエルにできないツリーだからかしら?

読書する喜び『夜想#中川多理—物語の中の少女』出版記念展・京都巡回展

『夜想#中川多理—物語の中の少女』出版記念展・京都巡回展の感想を書いていないのを思い出したので、その感想。 少女とあるけれども、今回は男子率高め。ただ、男子という創作人形では比率的に多くはない造形で見せてくれることにより、作者の造形力や表現力…

始まりの話

創作人形が好きな人は一体、どこから入ってきたんだろう?という呟きを見かけたので、何度目かわからないけど最初の話。 私の創作人形好きはヴィジュアル系バンドから…ヴィジュアル系バンドミニコミのアプレゲールの人形特集が天野可淡、四谷シモン、吉田良…

古風な名前らしい

SNSにりーぬの写真を載せていたら、海外の方から「あなたの人形の名前、なんていうの?」というようなことを英語で聞かれた。 「マルスリーヌ。りーぬって呼んでいる」と頑張って英語で返したら「可愛い。フランスの古風な名前ね」というような趣旨の言葉が…

ドールという言葉があまり馴染まずここまできた人

#ドールオーナーに聞きたいお題創作人形ですが、うちの人形について語りたいので使います。 pic.twitter.com/e8CEohnrUC — hikimusubi (@hikimusubi) October 25, 2018 Twitterの方でやってみました。 答えながら世にいうドールと創作人形はだいぶ違うな…と…

君は宇野亞喜良の絵のようだねって

ストライプのリボンを買ったのでりーぬに結んでみました。 幅が広いリボンは後頭部でもたつくので、カチューシャやヘッドドレスタイプにするのを要検討ですね。 りーぬは我が家に来た時からリボンを結んであげると宇野亞喜良の描く女の子みたいだと思ってい…

手紙を読む

久しぶりに人形あそびをしました。 熱心に手紙を読むりーぬ。 手紙の主は海に行ったそうです。 りーぬは読んだ手紙の内容を姉のレレチカに報告しているようです。 こちらの瓶詰の手紙は花森ゆきめちゃんによるものです。 彼女は以前、りーぬに出会ったことが…

『人形たちの白昼夢』に出てくる人形の容姿一覧

容姿を褒める意味での「人形のような」という表現が気になる人でもあるので、先日の本から考えてみる。 人形たちの白昼夢 作者: 千早茜 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2017/08/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る こちらの本に出…

人形のお針子~浴衣を作り直しました

やっと浴衣が完成しました。 久々に帯も締めましたが、私が汗だくになりました。今日も暑いね…。 バックにあるのは私の浴衣です。 どちらも中原淳一デザインです。 りーぬの頭に結ぶリボンがグログランだと重いのでサテン素材のストライプのリボンを探してい…

人形のお針子~浴衣、作り直し編~

浴衣の作り直しができてきました。 袖の裏側を処理すれば完成。 同じものを2回作るのはきつかったですが、1度作っているので「縫い目をもっと細かくしてみよう」など考える余裕があるのがいいですね。

マルスリーヌ・メディカル・ファン

人形用の眼帯を手に入れたので、遊んでみました。 Twitterに載せましたが、反応が薄かったです。 ロマン・スロコンブやトレヴァー・ブラウンを意識したのですが、もっと包帯とか増やすべきなんでしょうか…と思うなどしました。 メディカル・ファン〈増補新装…

腰が重いなりに

りーぬの浴衣作り、生地だけなんとか断ちました。 転がしておくだけでもいい感じのりーぬさん。 この浴衣をもう一度作らねばいけませんが、「私ってそんなに服作りへの熱意がなかったんだよなぁ…」と思い出しました。 でもこの浴衣はまた作りたい。

人形身請け(お迎え)ガイド

昨日の話を受けて、自分は初心者に優しく答えられるのかという事を考える。 人望もないので、ほぼ聞かれることはないけど、人様から「人形の趣味をはじめたい」と相談を受けたら、どう答えるか…。 人形の趣味を始めたいってだいたいきっかけになる人形がいる…

大越孝太郎と人形

先日の「容姿をほめる意味で人形のような…と使われるようになったのはいつ頃?」という話を頭の片隅に置いて生きています。 1911年が初出の童謡「人形」(私の人形は良い人形~♪って歌です)は人形の容姿をほめる歌なので、これ以降でもいけるのでは?という…

鳥にもなれる

このところ、人形関係の記事が続いているのですが、人形論の読了もジェンダーフォーラムも7/23の出来後でした。 ちなみに人形論読了とジェンダーフォーラムの間にパラボリカで人形を観ています。 鳥の声/鳥の入ル風景(とりのいるふうけい) こちらです。 …

「人形」は「女の子」のものなのか:人形をめぐる近現代史

講義を聞くのは久々でした。 www.rikkyo.ac.jp こちらを聞いてきました。もちろん、人形というテーマに惹かれてです。 講師の吉良智子さんは日本美術史の研究者…から出発して現在はジェンダー史の研究者とのことです。 メモを取ったので、メモを観ながら、思…

人形の話『人形論』

意を決して読みました。 人形論 作者: 金森修 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 2018/05/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 読了。 タイトル通り人形について論じた本。 「呪術」「愛玩」「鑑賞」を三頂点とし、物質性を頂点とした人形三角錐…