衛生ゴアグラインド

人形を愛で、本を読み、肉を食べる

凡人の蔵書管理

本を捨てるなんて!という話でTwitterが賑わせております。 愛書家の鹿島茂が「本を動かすのは軍隊を動かすより難しい」と発言しているそうなので、蔵書が多い人の片付け方法は今のところ存在していないのでは…という気持ちになる。 かくいう私は「研究者で…

ヤギ休暇『人間をお休みしてヤギになってみた結果』

刺激的なタイトルは期待してしまいますね。 人間をお休みしてヤギになってみた結果 (新潮文庫) 作者: トーマストウェイツ,Thomas Thwaites,村井理子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/10/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 読了。 人間辛い…

地下へと続く悪の教典

ヴィレッジヴァンガードはサブカルアングラへの入り口だったという話がTwitterで流れてきましたが、そんなものは私が茨城にいたころにはないんだぜ! しかし、母が「少女期に澁澤龍彦を読んでいた」という人なので、おかげでこんな人間に育ちました。ええ、…

趣味と理解

パートナーと異性にウケる趣味の話をしたときに「いきなり骨格標本の話をするのもどうかと思って、人に云える趣味を作ろうかと思ったことがあった」と云ったら「初対面から豚の頭を解体していることを話されたけど」とパートナーに返された。 あ、はい…。 そ…

友情と希望『青い目の人形物語』

人形が題材になっているとつい読んじゃう私。 青い目の人形物語 (1) 平和への願い アメリカ編 作者: シャーリーパレントー,河野万里子 出版社/メーカー: 岩崎書店 発売日: 2015/06/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 青い目の人形物語 (II) 希…

私の心が汚れているから

変態知識があるがばっかりに、「それは高度な変態がやることでは?」というものに遭遇し、汚れちまった悲しみを感じている。 しかも、変態知識のない人は畳みかけるようなことをしてくる。 「すいません、どう考えてこれは高度な変態プレイみたいなんですけ…

私の人形は素敵な人形『りかさん』

りかさん (新潮文庫) 作者: 梨木香歩 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2003/06/28 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 36回 この商品を含むブログ (134件) を見る 読了。 人と心を通わせる事ができる日本人形「りか」と彼女の新たな持ち主になった少女と周…

血肉は部品か?肉体は工場か?『すばらしい人間部品産業』

前から読みたかった本を読むなど。 すばらしい人間部品産業 作者: アンドリュー・キンブレル,福岡伸一 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2011/04/15 メディア: 単行本 クリック: 22回 この商品を含むブログ (15件) を見る 読了。 血液、臓器、胎児…移植や代…

傍から見たら何もない街

何もなさ過ぎて都内なのか心配になるこの町にも、それなりにお店はある。 スーパーが2件、ドラッグストアが2件あれば生活はそれなりに潤うし、営業時間が10:00~19:00みたいな完全地元の人向けだけれども、喫茶店があったり、そこそこの専門店があったりし…

己の世界にはないものがある世界に踏みこむ『ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと』

読書量が多くなってきて、ちょっと怖くなってきた。 仕事のストレスかな…。 ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと 作者: 奥野克巳 出版社/メーカー: 亜紀書房 発売日: 2018/05/24 メディア: 単行本(ソフトカバー) この…

服従と抵抗『人形つくり』

久々に掘り出し物を見つけた感。こういう時にいい仕事していますね…と勝手に鑑定団になってします。 人形つくり (ドーキー・アーカイヴ) 作者: サーバン,横山茂雄,若島正,館野浩美 出版社/メーカー: 国書刊行会 発売日: 2016/05/25 メディア: 単行本 この商…

これもまた刑務所の中『刑務所しか居場所がない人たち』

読書メーターで知って絶対に面白いと思ったら、やっぱり楽しい読書になった。 刑務所しか居場所がない人たち : 学校では教えてくれない、障害と犯罪の話 作者: 山本譲司 出版社/メーカー: 大月書店 発売日: 2018/05/17 メディア: 単行本(ソフトカバー) こ…

自分だけが面白くとも

良書という言葉をあまり使った記憶が無い。 Twitterでは2回使ったことがあって、その本は『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』と『春画展』の図録だった。 どちらも人様との会話の流れで使っていたので、不特定に向けては使っていない様子。 私は特別専門性も…

時代変われば

明治期に書かれた小説を読んでいるのだけど、所々に今とモラルが違うのを感じてげんなりする。 同じ明治を舞台にした夏目漱石『三四郎』でも列車の窓からポイ捨てする描写があったけれども、それの比ではない偏見を不意に見せつけられて「あ、やだな」と思っ…

レトロ横浜『コクリコ坂から』

時々、パートナーがTSUTAYAでDVDをレンタルしてくるので、一緒に観ることもあります。 コクリコ坂から [DVD] 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 発売日: 2012/06/20 メディア: DVD 購入: 3人 クリック: 45回 この商品を含むブログ (1…

ピコピコハンマーが出てくる方の恋のから騒ぎ案件『三四郎』

三四郎 作者: 夏目漱石 発売日: 2012/09/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (6件) を見る 読了。 明治時代の小説ですが云わなきゃ1/3も伝わらないのは今も一緒ですね。 ヒロインの美禰子に関してはTV番組の「恋のから騒ぎ」に出て来そうな女だなぁ…

意外と今年にぴったり『ハンニバル』

正月でのんびりしていたので、本を読んだり映画を観たりしていました。 ハンニバル (吹替版) 発売日: 2013/12/14 メディア: Amazon インスタント・ビデオ この商品を含むブログを見る 鑑賞。 前から観たかったのと、イノシシみたいな豚が出てくるから正月に…

のんびりした正月

今年もよろしくお願いいたします。 初詣は王子稲荷神社。 一番盛り上がる狐の行列が終わってから行ったので、のんびりしておりました。 商売繁盛の神様ですので、私もパートナーも商売繁盛にあやかりたいものです。 王子駅から王子稲荷神社に向かう途中にあ…

2018今年読んだこの本がすごい

Twitterで先に書いてしまったけど、今年読んで面白かった本。 感想を書いた本の方が多いので、リンクも貼りました。 彼女は頭が悪いから 作者: 姫野カオルコ 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/07/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を…

今年読んだ本の事

今年読んだ本を数えたら126冊。 青空文庫の短いものや写真集要素が強めの本、ユリイカみたいなムック本もあるけど、100冊は超えたと云えるかな。よく読んだなぁ。 面白そうな本を選ぶようにして読んでいたら結果この数という感じ。今年は本が読める脳みそが…

友との会話

遠方に住んでいる友人が東京に帰ってきた。帰省である。 久しぶりに行きつけで会い、夕飯を共にする。元気そうで何よりなのと、半年以上ぶりになるが普通に会話が出来て嬉しかった。 互いのささやかな幸せの近況報告や金カムの話など出来て楽しかった。 私は…

裏切りのごとく

仕事を辞めるはずが、それなりに期待をかけられているのを知る。 ロジャー・コーマンのような仕事から、もう少し予算を掛けて、品がいい映画を作れるような感じの話ではあるのだけど、そういう「予算を掛けて品がいい映画の監督」が思い浮かばない時点で、私…

切腹、それは意外と死ねない『切腹論考』

読書のペースが落ちていたのは、文体が合わないから 切腹論考 (八切意外史) 作者: 八切止夫 出版社/メーカー: 作品社 発売日: 2003/03 メディア: 新書 クリック: 8回 この商品を含むブログを見る 読了。 満州で切腹をしようとした日本軍を目撃するも意外と切…

デス・転職2018

昔ほど他人と喋るのが苦ではなくなったせいか、面接がしんどくなくてびっくりした。 巧みな話術や自分の都合の良い方向に言いくるめるなどではなく、ちゃんと人間と会話が出来ている。 新卒の時のどうせ私なんか労働搾取されてどっかで過労して死ぬんでしょ…

飛んだ人

上司と連絡が取れなくて、なんとなく「飛んだかな」と思った。 元々、転職活動しているのは知っていたので、もうこんな会社厭だ!となって飛んでしまったという理屈が私の中で出来上がっていた。 前の職場にいたときは、出社しなくなった人が1名、出社を拒否…

人形たちとクリスマス

クリスマスっぽい写真を撮りました。 あまり人形たちを使って幻想的な何かというよりは、人間と暮らす人形という感じでお送りしております。 りーぬが心なしか不満げなのはブッシュ・ド・ノエルにできないツリーだからかしら?

池袋

Loftで使える商品券をもらったので、キッチン用品を買いに池袋へ。 夕方から『ボヘミアン・ラプソディ』鑑賞。 やっと観た!QUEENについて詳しいわけじゃ無い私…Queenのアルバム「オペラ座の夜」の製作の話の所でアタマの中で思い浮かんだ曲がアイアンメイデ…

NARITA闘争

友人が「浦安のランドのための埋め立ての際に反対したのかな?」と呟いたのに「浦安闘争は聞いたこと無いなぁ…」と答えてしまった。 実は浦安闘争があって、アメリカのメタルバンドが「URAWASU」か「MAIHAMA」という曲を作っていたら教えて下さい。 Narita …

シュトーレンの端っこ

パートナーとシュトーレンの端っこを分け合って食べたので、今年のシュトーレンはもう終わってしまった。 もう1本買おうにも、意外と売っていない。 職場の近くでシュトーレンを売っているところに限って、端が切り落とされている。 あすこが美味しいのに。

ゴスはナードの内…海外のコミュ障に絡まれた話

以前、マルスリーヌはフランスの古風な名前であることを教えてくれた海外の方とのやり取りその後。 その海外の方との接点は特になく、Instagramでコンタクトがあったから。「あなたの人形はなんていう名前なの?」と聞かれたのが最初で、グーグル翻訳を駆使…